東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での移転(転入・転出)に対応。
ファミリーでのお引越に強い安心の引越センターです。

引っ越しする時、エアコンはどうする?業者の費用相場などを紹介

引っ越しする際は自宅のあらゆる荷物をまとめますが、エアコンの荷造りに困っている方も多いのではないでしょうか。個人では取り外しや設置が難しく、簡単に持ち運べるものではないため、引っ越しでは荷造りに悩む家電の1つです。

エアコンは個人でも取り外しできますが、心配な方は業者に依頼するとよいでしょう。今回は「エアコンの引っ越し」について詳しく紹介します。今まさに引っ越しを控えている方は参考にしてください。

引っ越しのとき、エアコンはどうする?

エアコンの引っ越しは、大きく分けて「専門業者や引っ越し業者に依頼する」方法と「古いエアコンを処分し、新しいものを購入する」方法の2つです。今お使いのエアコンに不具合がなければ、そのまま新居に持ち込むのが一般的です。
エアコンは決して安い家電ではありませんので、まだ使えるなら新居に持っていくとよいでしょう。専門業者や引っ越し業者に取り外しと取り付けを依頼した方が費用を抑えられます。エアコンの機種が古くランニングコストが高い場合や、機械の不具合がある場合は思い切って買い替えした方が安くつくケースもあります。
引っ越しを控えている方は、じっくりエアコンの対応方法を検討してみましょう。

業者に依頼する場合、エアコンの引っ越し費用の相場は?

エアコンを新居に持っていく場合、気になるのは費用です。プロにエアコンの引っ越しを依頼する際の費用の相場をまとめました。予算を立てたい方は、以下2つのポイントを参考にしてください。

引っ越し業者の費用相場

引っ越し業者にエアコンの移設を依頼する場合、費用の相場は20,000~30,000円です。引っ越し当日にスタッフがエアコンの取り外しや取り付けを行ってくれるため、ほかの専門業者を依頼したり日程を合わせたりする手間が省けるのがメリットです。
また、万が一運搬中に故障などのトラブルが合った場合も、引っ越し業者で対応してくれます。ただし、引っ越し業者は専門業者よりもやや費用が高いため、予算にゆとりがある方に向いているエアコンの引っ越し方法です。

エアコン専門業者の費用相場

エアコン専門業者に引っ越しを依頼する場合、費用は取り外しと取り付けは別で依頼できます。それぞれの相場を紹介しましょう。

・エアコンの取り外し:6,000~10,000円
・エアコンの取り付け:12,000~17,000円
・エアコン取り外しと取り付けのセット工事:8,000~25,000円

引っ越し業者よりも工事費が安い傾向にあるため、引っ越しにかかる費用をなるべく抑えたい方はエアコン専門業者に依頼するとよいでしょう。
ただし、異なる都道府県に引っ越す場合は、専門業者によってはセット工事が難しい場合があります。具体的な工事の流れや費用を知りたい方は、無料見積もりを利用してみましょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

引っ越し業者・エアコン専門業者のメリット・デメリットは?

エアコンの移設を引っ越し業者に依頼する場合と、エアコン専門業者に依頼する場合のメリットとデメリットを紹介します。それぞれを照らし合わせながら、自分に合った引っ越し方法を検討してください。

引っ越し業者のメリット・デメリット

引っ越し業者にエアコンの移設を依頼する大きなメリットは手軽さです。見積もりも引っ越し費用と合わせて依頼できるため、運搬にかかる費用をまとめて比較できます。引っ越し業者の料金比較をしたい方も、エアコンの移設料金が含まれていれば検討しやすいのではないでしょうか。
引っ越しと同時にエアコンの取り外し取り付けができるので、新居ですぐにでもエアコンを使いたい方におすすめです。本体の運搬も、引っ越しのプロが行ってくれるのも引っ越し業者に依頼するメリットです。
デメリットは、エアコン専門業者よりもやや費用が高い点が挙げられます。見積り時にきちんと詳細をチェックしておかないと、エアコン移設のオプション料金を別途請求されるなどのトラブルが発生する可能性があるので注意しましょう。あらかじめきちんと料金や作業範囲を確認してから引っ越し業者と契約をしてください。
また、3~4月など引っ越し業者の繁忙期は予約が殺到しているため、エアコン移設に対応できない場合があります。引っ越し業者にエアコンの移設を依頼したい方は、料金と合わせてしっかりと日程調整をしてください。
費用が少し高くても安全にエアコンを運搬したい方や、引っ越し作業とエアコン移設を同時に行いたい方は、引っ越し業者に依頼する方法が向いています。エアコン移設の料金は引っ越し業者によって異なるため、費用が気になる方は相場を目安に比較してみてはいかがですか。

エアコン専門業者のメリット・デメリット

エアコン専門業者は、運搬費用が発生しないため、引っ越し業者よりも安くエアコンの移設ができます。専門知識のあるプロが対応してくれるため、安心して作業を任せられるでしょう。
エアコン専門業者なら、クリーニングを依頼することも可能です。エアコン内部はホコリや汚れが溜まりやすく、設置環境や使用方法によってはカビも発生します。引っ越しを機にクリーニングを検討したい方は、エアコン専門業者に相談してみてはいかがですか。まとめて作業を依頼することで料金が割安になる可能性があるので、気になる方はさっそく見積もりを取りましょう。
ただし、エアコン専門業者はあくまでも取り外しと設置作業のみです。本体は自分で運搬する必要があるため、移動中に故障があった場合は自己責任となるので留意してください。
また、引っ越し業者とは別に工事を依頼する手間がかかるのもデメリットです。業者によっては、引っ越し当日にエアコンを取り付けられない場合もあるので注意しましょう。
異なる都道府県へ引っ越しする場合は、取り外しと取り付けはそれぞれ別のエアコン専門業者に依頼しなければならないケースもあります。1社のエアコン専門業者にセット工事が依頼できない場合は、費用が割高になる可能性もあります。都道府県をまたぐ引っ越しをする方は、トータル費用をきちんと確認してから工事を依頼することをおすすめします。

引っ越しするとき、新しくエアコンを買い替える場合は?

引っ越しを機会にエアコンを買い替えるか悩んでいる方は、以下2つのポイントを参考にしてください。買い替え費用だけではなく、ランニングコストも視野に入れながらエアコンの処分を検討しましょう。

新しくエアコンを買い替えたほうがお得なケース

エアコンは対応畳数が狭くて安い商品でも35,000円以上はかかる高価な家電です。買い替えよりも今使っているエアコンを新居に移設した方が費用は安く済みます。しかし、エアコンの状態によっては思い切って買い替えた方がお得になるケースもあります。
たとえば、今お使いのエアコンが10年近く使い続けている方は買い替えた方がお得です。エアコンの寿命は10年ほどのため、今お使いのエアコンを新居に設置しても早々に買い替えの時期がきます。引っ越し業者やエアコン専門業に移設を依頼しても数万円はかかるため、その費用を足しにして新しいエアコンを購入するのも手です。
古いエアコンよりも新しいエアコンの方が電気代も安く済む傾向にあるので、長い目でみれば買い替えた方がコストを抑えられるかもしれません。
また、旧居と新居の部屋の大きさが違う場合も買い替えるタイミングです。エアコンには適応畳数があり、実際の部屋の広さよりも対応できる畳数が狭いと、エアコンが一生懸命に稼働して電気代がかさんでしまう場合があります。
反対に、部屋が狭くなる場合もエアコンが効きすぎるなどの理由から急激な温度変化や必要以上に稼働してしまう場合があるので注意しましょう。
エアコンの使用年数が経っている場合や、部屋の畳数が変わる場合には、エアコンを買い替えた方がお得になる可能性があります。引っ越し費用と相談しながら、エアコンの新調も検討してみてください。

古いエアコンの処分のしかた

エアコンを買い替える場合、古いエアコンは処分しなければなりません。エアコンは家電リサイクル法に該当するため、処分する際はリサイクル料金を支払う必要があります。主な家電メーカーのエアコンのリサイクル料金は990円(税込)となっており、費用自体は安いです。
しかしながら、エアコンを自分で取り外せない場合はエアコン専門業者に依頼することになるため、工事費用もかかります。取り外しの料金の相場は4,000~6,000円なので、リサイクル料金よりも工事費にお金がかかります。また、取り外したエアコンを収集してもらう方は、別途収集運搬料がかかるので覚えておきましょう。
古いエアコンを処分する方法は大きく分けて以下の4つです。

・家電量販店に持ち込む
・各自治体に引き取ってもらう
・不用品回収業者に引き取りを依頼する
・各処分場所に自分でエアコンを持参する

エアコンの処分費用を抑えたい方は、買取業者に引き取ってもらうかネットオークションやフリマアプリで販売する方法もあります。ただし、中古販売となるため商品の取り引きの際にトラブルにならないように状態や運搬方法をきちんと明示することが大切です。エアコンを買い替える場合は、処分費用も含めて予算を立ててみてください。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

エアコンの引っ越しにおける注意点

エアコンを新居に移設する際に気を付けたいポイントを紹介します。エアコンが故障した、予想外に工事費用がかかったなど後にトラブルにならないように、以下の4つのポイントをしっかり確認してください。

賃貸物件の場合は事前に確認をする

新居が賃貸物件の場合、エアコンが取り付けられるか事前に確認する必要があります。物件によってはエアコンを取り付ける穴が空いていなく、建物や壁に穴を空けなければ設置できない場合があります。賃貸物件は基本的に大家さんの持ち物ですので、穴を空ける場合は許可を得てから工事を依頼しましょう。物件によっては備え付けのエアコンがある場合もあるので、あわせて確認をしてください。
旧居が賃貸物件の場合は、エアコンを置いていく方法もあります。エアコンを買い替える予定の方は、処分費用を抑えられる可能性があります。ただし、賃貸物件は原状回復が基本となるため、エアコンの取り外しが必須となるケースもあります。エアコンを旧居に置いていきたい方は、あらかじめ管理会社や大家さんにエアコンの対応方法を相談してみましょう。無断でエアコンを旧居に放置すると、規約違反となってあとから取り外し費用を請求される場合があるので注意してください。

業者の見積り内容をしっかり確認する

引っ越し業者やエアコン専門業者にエアコンの移設を依頼する方は、見積書にエアコンの取り外しや取り付けの料金が加算されているかきちんと確認してください。エアコンの移設費用は基本料金に含まれていないケースが多く、見積書の詳細をチェックしていないと引っ越し当日にオプション料金として別途請求されるといったトラブルが起こります。
予定外の出費にならないように、見積もりの段階できちんとエアコン移設の料金や作業内容をチェックしましょう。取り付け時に必要な部品がない場合も、別途部品代が加算されることもあるので留意してください。
あらかじめオプション料金や部品代を確認しておくと、予定外の出費に驚くことはありません。新居のエアコン設置場所の情報があれば、事前に引っ越し業者やエアコン専門業者に伝えておくとより詳しい見積書を発行してもらえる可能性があります。
新居のエアコン設置に関する規約や情報がないか、引っ越し前に管理会社へ確認しておくことをおすすめします。

エアコン故障のトラブルを防ぐために保証のある業者を選ぶ

稀に取り付け時や運搬中にエアコンが故障してしまうケースもあります。引っ越し業者やエアコン専門業者などのプロが細心の注意を払って作業を行っても、エアコンは繊細な機械なので、思わぬトラブルが発生してしまう可能性は否めません。
万が一エアコンが故障したときに備えて、保証が付いている業者を選びましょう。保証がきちんとしていれば、エアコンが故障してもしっかりとした対応をしてもらえます。心配な方は対応件数や実績の多い業者に依頼すると安心です。
ただし、エアコン専門業者に取り付けを依頼し、引っ越し業者が本体を運ぶといった場合は故障やトラブルに注意が必要です。エアコンの取り付け時に故障したのか、運搬中に故障したのかわからない場合は保証が適用されない可能性があります。
エアコンの故障が心配な方は、工事から運搬まで任せられる業者を選びましょう。どんなときに保証が適用するのかなど、きちんと保証内容を確認してから契約することも大切です。

自分で取付け・取り外しを行うのはリスクが高い

エアコンの取り外しや取り付け、運搬費用などを節約したい方は、自分で作業する方法もあります。しかしながら、エアコンは専門の知識や技術がないと作業が難しく、故障のリスクも高まるので注意してください。
また、エアコンの取り外しや取り付け時には、専門の器具を使って作業する必要があります。工具など必要なアイテムを購入すると、かえって費用が高くつく場合もあるので留意しておきましょう。
新居にエアコン用の穴が空いていない場合は、自分で穴を空けなければならず、失敗すれば修繕費用がかかります。故障や万が一の修繕費用を考えると、自分でエアコンを移設するリスクは大きいといえます。
余計な負担や費用をかけないためにも、引っ越し業者やエアコン専門業者に依頼する方が得策ではないでしょうか。どうしても自分でエアコンを移設したい方は、作業方法をしっかりと勉強し、リスクを承知した上で行ってください。

エアコンの引っ越しは業者に依頼するのが安心

エアコンを新居へ無事に運搬、取り付けしたい方は、引っ越し業者やエアコン専門業者などのプロに依頼することをおすすめします。
引越バービィーは、エアコンをはじめとした家電工事を行っています。専門のスタッフが現場に来てくれるため、エアコンに詳しいプロが移設してくれるといった安心感があります。BSアンテナなど、エアコンのほかにも設置して欲しいものがあれば、引越バービィーに相談してみてはいかがですか。
引越バービィーは3つの安心プランから選べることから人気のある業者です。価格を重視したい方から荷造りから荷解きまですべてお任せしたい方向けのプランまで用意されているので、自分に合った料金プランを選べるでしょう。
引越バービィーは価格に自信があるため、他社よりも1円でも高い場合は相談に乗ってくれます。LINEでも見積りが可能なので、引越バービィーが気になる方は、さっそく無料見積もりを利用してみてください。

まとめ

エアコンの引っ越しは、プロの業者にお任せするのがおすすめです。業者に依頼すると料金はかかりますが、知識と技術を持ったスタッフが丁寧に作業してくれるため、故障などのリスクが少ないのが魅力です。今お使いのエアコンが経年劣化している場合は、引っ越しを機会に買い替えを検討してみてはいかがですか。エアコンの引っ越しにかかる費用や注意点を参考に、自分に合った移設方法を見つけてください。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

カテゴリ別でコラムを読む

通話料無料0120-102-704
今すぐ無料見積りを依頼する
LINEで見積りを依頼する
24h/カレンダーで予約

キャンペーン情報

  • 賞金5万円プレゼントキャンペーン当選者発表!
  • 引越し丸ごとお手伝いパック
  • ハウスクリーニングならクリーンクルー
  • 一時お預かりサービス
TOPへ戻る

相見積もり大歓迎!

他社最大比30%OFF 東京・埼玉・神奈川・千葉でNo.1最安値 どこにも負けません

補償について

最大賠償額1億円

セキュリティーについて

当サイトはSSL対応です。

お客様の大事な情報は暗号化して送信されます

お支払方法について
現金・クレジットカード・デビットカード・交通系電子マネーなど様々な支払方法に対応

クレジット・デビット

交通系電子マネー

他電子マネー

QRコード決済