東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での移転(転入・転出)に対応。
ファミリーでのお引越に強い安心の引越センターです。

引っ越し費用の相場は?安くするポイントなどを解説

引っ越しをするときには、さまざまな出費が重なることが考えられます。高い引っ越し費用を払うのは難しい場合もあるでしょう。引っ越しの予定がある場合、できるだけお得な料金で引っ越しをしたいですよね。

引っ越し費用は業者によって異なるだけでなく、時期や曜日、時間帯によっても金額が変わるのをご存知ですか?引っ越しをする時期などを自分で選べる場合には、引っ越し料金の相場が安いときを狙って引っ越しすることで、引っ越し費用を安く抑えられるメリットがあります。

引っ越し費用の決まり方と引っ越し費用を安くするポイント、業者選びのコツを紹介します。引っ越しを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

【時期別】引っ越し費用の相場

時期によって引っ越し費用が異なることを耳にしたことがある人は多いでしょう。引っ越し業者には繁忙期と通常期があり、繁忙期には引っ越し費用の相場が値上がりするのが一般的です。時期によって引っ越し費用が異なる理由と、時期別の引っ越し費用の相場について解説します。単身者と家族では引っ越しにかかる費用が異なり、引っ越す距離によっても変動します。それぞれの相場について引っ越し前に知っておくことで、ベストな引っ越し時期を選ぶ参考になりますよ。

時期によって引っ越し費用が異なる理由

引っ越しを検討している場合、人によって引っ越す理由はさまざまです。自宅を新築して、今までの賃貸物件を退去して新居に入居する人、結婚して結婚相手と暮らすために引っ越す人もいるでしょう。しかし最も多いと考えられるのは、新生活に向けての転居です。学生であれば入学や卒業、仕事であれば就職や転勤、転職での引っ越しが考えられますね。これらの引っ越しが最も多い時期が、新年度を迎える直前の3〜4月です。同じ時期に引っ越しをする人が多いため、「繁忙期」と呼ばれる時期には引っ越し費用の相場が高騰するのです。

単身者・家族で引っ越し費用が異なる

引っ越し費用は、単身者と家族で異なります。引っ越しで持ち運ぶ荷物は、対象となる人数が増えるのに比例して多くなるのが一般的だからです。そのため、家族の人数が多いほど、引っ越し荷物も増えると考えてよいでしょう。ただし、単身者でも大量のコレクション品があるなどで荷物が多い場合には、通常よりも多くの引っ越し費用がかかる可能性があります。

移動する距離で引っ越し費用が異なる 

引っ越し費用は、移動する距離によっても費用が異なります。引っ越しの距離は、近距離・中距離・長距離とカテゴリー分けしてあるのが一般的。近距離は50km以内、中距離は300km以内、長距離はそれ以上の距離を移動する場合です。移動距離が長いほど時間がかかります。その分、車両やスタッフの拘束時間が増えるため、引っ越しの距離が遠いほど引っ越し費用が高額になるのです。

繁忙期の引っ越し費用相場(単身者) 

それでは、早速繁忙期の引っ越し費用の相場を見ていきましょう。まずは、単身者の場合の相場を、移動距離別に紹介します。

近距離 中距離 遠距離
単身者 40,000〜50,000円 50,000〜75,000円 60,000〜80,000円

単身者の場合、学生も社会人も4月からの新生活に向けて引っ越しをします。そのため、単身者の引っ越しでは、3〜4月が繁忙期と呼ばれる、費用が最も高額な時期です。なかでも3月下旬から4月上旬は、最も引っ越しの予約が取りにくく、金額も高いといわれています。

繁忙期の引っ越し費用相場(家族)

続いて、繁忙期の家族の引っ越し費用の相場を、移動距離別に紹介します。

近距離 中距離 遠距離
2~4人 80,000〜110,000円 110,000〜200,000円 160,000〜210,000円
5人以上 130,000〜140,000円 120,000〜290,000円 260,000〜300,000円

家族の繁忙期の引っ越しは、親の仕事や子供の学校の都合で引っ越し日を選ぶことが多いもの。そのため、やはり新年度を控えた3〜4月が繁忙期となり、引っ越し費用が高騰するのです。

通常期の引っ越し費用相場(単身者) 

引っ越しの通常期とは、繁忙期の3〜4月を除いた時期です。まずは、通常期の単身者の引っ越し費用相場を移動距離別に紹介します。

近距離 中距離 遠距離
単身者 30,000〜40,000円 40,000〜67,000円 55,000〜76,000円

社会人の場合、一部で9月に異動に伴う典拠が必要なケースがあります。そのため一時的に引っ越し代金が高くなることもありますが、ほとんどの場合には繁忙期よりも安く引っ越しが可能です。

通常期の引っ越し費用相場(家族) 

通常期における家族の移動距離別の引っ越し費用相場は以下の通りです。

近距離 中距離 遠距離
2~4人 65,000〜95,000円 75,000〜126,000円 110,000〜150,000円
5人以上 100,000〜110,000円 140,000〜150,000円 152,000〜200,000円

家族の引っ越しは、単身者に比べて繁忙期と通常期の金額の開きが大きいのが特徴。家族の引っ越しでは、人員や車両を単身者よりも多く占有するため、繁忙期の相場の上昇額が大きいのです。家族の引っ越しは通常期がお得ですよ。

【曜日・時間帯別】引っ越し費用の相場

引っ越し費用は、繁忙期と通常期だけでなく、依頼する曜日や時間帯によっても異なる場合があります。引っ越しの曜日や時間を少し変えるだけで費用をおさえることが可能になれば、費用負担が減るのでサービス利用者には大きなメリットです。曜日や時間帯ごとに引っ越し費用が異なる理由と、実際の費用相場を紹介します。単身者と家族でそれぞれ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

曜日によって引っ越し費用の相場が異なる理由

これから引っ越しをしようと検討している場合、どの曜日に引っ越すかで引っ越し費用が変わるのかが気になっている人も多いでしょう。平日よりも週末や祝日のほうが引っ越し費用が高い場合には、スタッフの人件費などが引っ越し費用に関係している可能性があります。また、仕事や学校の休みに合わせて引っ越しを希望する人が多いので、平日の引っ越し費用を低めに設定して、利用を促す金額にしているケースもありますよ。

時間帯によって引っ越し費用の相場が異なる理由

引っ越し費用は、時間帯によっても異なります。人気の時間帯かどうかや、スタッフの人件費などで費用が変動します。朝の時間帯の引っ越しは開始時間がはっきりしているため人気なので、値引きはあまりありません。昼以降の時間帯の引っ越しは朝の引っ越しのスケジュールにより、開始時間が変動するケースが出てきます。時間の都合が付けられるなら、昼以降の時間に依頼することで、費用をやや抑えられますよ。

土日・祝日・平日の引っ越し費用相場(単身者)

土日・祝日・平日の引っ越し費用の相場について、家族・単身者別に記載された表を掲載してください。
それでは、単身者における、土日・祝日・平日の引っ越し費用相場を見ていきましょう。

平日 土日 祝日
単身者・近距離 40,000円 41,000円 40,000円
単身者・中距離以上 77,000円 75,000円 81,000円

実は単身者の引っ越しの場合、同じ時期の引っ越しであれば、引っ越し費用は曜日による変動はほとんどありません。仕事や学校の休みなど、都合のよい曜日に引っ越せるのであれば、あまり気にならない金額かもしれませんね。

土日・祝日・平日の引っ越し費用相場(家族) 

続いて、家族の場合の土日・祝日・平日の引っ越し費用相場を見ていきましょう。

平日 土日 祝日
家族・近距離 82,000円 80,000円 83,000円
家族・中距離以上 152,000円 152,000円 186,000円

家族の引っ越しの場合、家族全員の都合を考慮して引っ越し日程を決める必要があります。仕事や学校が休みやすい祝日を使って余裕のあるスケジュールを希望する人が多い傾向にあるので、祝日はやや相場が高い傾向が出ています。

時間帯別の引っ越し費用相場(単身者) 

それでは、まず単身者の時間帯別の引っ越し費用相場を紹介します。

午前〜正午 正午〜15時 15時〜
単身者 69,000円 64,000円 68,000円

単身者の場合、荷物が少ないので、人員や車両にかかる負担も少ないのが特徴です。そのため、時間帯による費用の差も小さい傾向があります。差があまりないとはいえ、引っ越し時期には出費をできるだけ抑えたいもの。仕事や学校が休める場合には、日中に引っ越しをすることで、引っ越し費用を安く抑えることが可能になるのでおすすめですよ。

時間帯別の引っ越し費用相場(家族) 

続いて、家族の場合の時間帯別の引っ越し費用相場です。

午前〜正午 正午〜15時 15時〜
家族 116,000円 92,000円 91,000円

家族の引っ越しの場合、家族全員の仕事や学校を休む負担を極力減らし、スケジュールが立てやすい午前の時間帯に人気が集まります。そのため、午前の引っ越し料金が高くなる傾向があるのです。正午以降の引っ越しで問題ない場合には、午前の引っ越しを避けることで、費用を抑えやすくなるといえるでしょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

【都道府県別】引っ越し費用の相場

住んでいる地域によって、引っ越し費用がどのくらいかかるかを知っていますか?都市部か都市部以外かで、引っ越し費用が異なる可能性も考えられます。都市部だから引っ越し費用が高いとは限りません。都市部は引っ越し業者が多いため、価格競争が激しい場合もあるからです。

想定外の出費で、ピンチにおちいる事態は避けたいもの。引っ越しを考えたら、どのくらいの費用がかかるかを事前に把握しておくことはとても大切です。単身者と家族の場合の、関東を中心とした主要都市の引っ越し費用の相場を都道府県別に紹介します。引っ越し資金の準備をする目安にしてください。

単身者 家族
北海道 37,000〜48,000円 60,000〜123,000円
宮城 40,000〜58,000円 63,000~133,000円
茨城 45,000〜63,000円 73,000〜137,000円
群馬 37,000〜54,000円 74,000〜140,000円
埼玉 52,000〜59,000円 83,000〜157,000円
千葉 37,000〜58,000円 75,000〜193,000円
東京 48,000〜61,000円 81,000〜193,000円
神奈川 53,000〜60,000円 84,000〜155,000円
静岡 40,000〜65,000円 64,000〜128,000円
愛知 46,000〜61,000円 77,000〜144,000円
京都 42,000〜55,000円 78,000〜161,000円
大阪 44,000〜58,000円 85,000〜180,000円
兵庫 49,000〜62,000円 93,000〜164,000円
広島 45,000〜59,000円 79,000〜198,000円
福岡 38,000〜48,000円 70,000〜221,000円
沖縄 41,000〜48,000円 54,000〜71,000円

家族・単身者の引っ越しにかかる総額費用の相場

引っ越しをする場合には、引っ越し業者に支払う料金のほかに、新しい住居の契約時の初期費用が発生します。敷金・礼金・前納家賃と、仲介手数料、火災保険料の支払いが必要。すべての費用を合算すると、賃料の4〜6か月分が目安です。それぞれの相場を紹介します。 

敷金・礼金・前納家賃

新たな賃貸住宅に入居する場合、敷金の支払いが必要です。敷金とは、物件がダメージを受けた場合の補修や、借主が家賃を支払わないケースなどを想定して、貸主が預かっておく費用です。相場は賃料の1〜2か月分。敷金を使う必要がなかった場合には、退去時に借主に返却されます。礼金は、契約時に借主に支払う費用で、退去時にも返還されません。賃料の1〜2花月分が相場ですが、最近では礼金を必要としない物件も多くあります。前納家賃とは、入居時に翌月分の賃料をまとめて前払いするものです。入居月と翌月の賃料をまとめて前納するのが一般的で、月の半ばから入居する場合には、初月度は日割りにして翌月分の賃料と合算した金額を前納します。 

仲介手数料

仲介手数料とは、物件を仲介してくれた不動産会社に成功報酬として支払う費用です。物件の案内や交渉、契約の締結などのサポートを行い、賃貸契約を成立させてくれた対価として支払います。不動産の仲介手数料に関しては、宅地建物取引業法で定められていて、仲介手数料の上限は月額賃料の1か月分。一般的には0.5〜1か月プラス消費税に設定されています。仲介手数料の支払いタイミングは、契約締結時に設定されていることが多いため、物件の契約が完了したら、支払いが必要だと考えておきましょう。 

火災保険料

新たな住宅に入居する場合には、火災保険の契約も必要です。新居の仲介をしてくれた不動産会社が、おすすめの火災保険を紹介してくれます。もちろん、火災保険を自分で選んで加入しても問題ありません。保険会社ごとに約款が異なるので、保険の適用される範囲などをしっかりと確認し、自分に必要な保険に加入するのがかしこい選択ですよ。 

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

引っ越し費用はどのように決まる? 

引っ越しを検討しているなら、引っ越し料金の決まり方を確認しておきましょう。引っ越し費用は、基本運賃と実費、オプションサービスに分類できます。すべてを合算した金額が、引っ越し費用の総額となるのです。引っ越し業者に見積もりを依頼したら、まずは各費用の内訳を確認してみましょう。

基本運賃

基本運賃には、時間制と距離制があります。時間制には4時間制と8時間制があり、荷物を運ぶ距離が100km以内の場合に適応される制度です。また、距離制は荷物を運ぶ距離が100kmを越える場合に適応される制度で、運送ごとに決まります。

基準となる運賃は、引っ越し作業に使用する車両の最大積載量と輸送にかかる時間または距離に応じて定められています。また、基準運賃以外に、休日・深夜・早朝対応時の割り増し金額を、最大で上下10%まで加算が可能です。基本運賃の例を紹介します。使用車両が2トン車の場合、4時間制の下限は13,580円、上限は20,360円。また、8時間制の下限は22,650円、上限は33,970円です。

実費

引っ越し費用の実費とは、引っ越し作業を行うスタッフの人件費などのことです。実費に含まれるものには人件費以外にも、段ボール箱やガムテープなどの梱包資材費用、高速道路などの交通費などが含まれます。段ボールなどの梱包資材は、荷物の量に合わせて、一定の枚数までは無料サービスしてくれる業者もあります。見積もりの実費欄で、依頼した作業のみが請求されているかを確認しましょう。

オプションサービス

引っ越し費用のオプションサービスは、引っ越し業者によって異なります。エアコンの取り外し・取り付けを依頼した場合には、作業手数料がオプションサービス料金として加算されます。引っ越し先で使わない家具や家電などの不用品の処分を依頼した際に発生する手数料もオプションサービス費用です。

また、乗用車など、通常の引っ越し荷物には含まれない大型の荷物や、ピアノなど特殊な運搬が必要な荷物の搬送を依頼した際にも、別途費用が発生します。

さらに、退去後の物件や入居予定の物件のハウスクリーニングの対応を請け負っている引っ越し業者もいます。これらのサービスを利用する場合には、見積もり作成時にあらかじめ希望を伝えて、それぞれのオプションサービスの料金を提示してもらいましょう。伝え忘れた場合には、見積もりよりも合計金額が高額になってしまいます。また最悪、繁忙期や希望するサービスを提供していないケースも想定されますので、注意が必要です。

引っ越し費用を安くするポイント

引っ越しをする場合には、引っ越し業者に支払う費用以外にも、出費がかさむのが悩みどころ。物件の家賃を抑えるのも有効ですが、これから快適な新生活を送る住居の条件は、できるだけ妥協したくない人も多いでしょう。この場合、引っ越し費用を安く抑えることで、出費の総額の減額が可能になりますよ。引っ越し費用を安くするには、荷物量を減らし、引っ越しのタイミングを検討するのがおすすめです。引っ越し費用が安い業者を選ぶ方法もありますよ。引っ越し費用を安くするポイントを3つ紹介します。

荷物量を減らす 

引っ越し費用を抑えるためには、荷物の量を減らすのが有効です。運ぶ荷物が少ないほど、引っ越し費用が安くなりますよ。引っ越しを決めたら、不要物の処分に早めに取りかかりましょう。転居先で明らかに使わないと想定できるものは、お金をかけて運ぶ必要はありません。捨てるよりも、リサイクルショップやフリマアプリで売ることで収入を得れば、引っ越し費用に当てることも可能です。新生活に向けて家具を買い換えたい人は、現在の家具は処分して、転居先に引っ越してから購入すると、引っ越し荷物を減らせるのでおすすめです。

引っ越し時期や時間など、譲れるポイントを検討する 

引っ越しは時期だけでなく、時間帯などで費用が異なることを紹介しました。同じ引っ越しをする場合でも、時期や時間帯を調整することで費用を抑えられるのです。学校や仕事の都合で、料金が安いときに引っ越しするのは難しい場合もありますが、できるだけ譲れるポイントを検討してみましょう。ピンポイントで時期や時間を指定するより、費用を安く抑えたいことを重視していると伝えて、見積もり依頼をするのがおすすめです。時期や時間が他の引っ越し希望者と重ならなければ、繁忙期でもお得に引っ越しできるタイミングを提案してくれるかもしれません。

 引っ越し料金が安い業者を選ぶ 

引っ越し費用を抑えたいなら、引っ越しサービスを格安で提供している業者の利用を検討するのもひとつの手です。格安業者は、オプションサービスなどが少ない代わりに、手ごろな料金で引っ越しができるのが特徴です。大手以外の業者も視野に入れて、依頼先を検討してみましょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

引っ越し業者の選び方

お得で快適に引っ越しをするためには、信頼できる引っ越し業者を選ぶことが大切です。たくさんの業者の中から、どこに依頼するのか悩む人は多いはず。引っ越し業者選びに悩んだら、複数の業者から見積もりをとって、大手と地域密着型の両方を視野に入れて比較するのがおすすめです。1社だけを確認してそのまますぐに依頼すると、相場よりも高い金額だったり、費用に見合うサービスを受けられなかったりする可能性もあるからです。引っ越し業者を選ぶときのポイントをそれぞれ詳しく説明します。

見積りをとって比較する 

引っ越し業者を選定するときには、まず2〜3社に見積もりの作成を依頼しましょう。複数の業者に見積もりしてもらうことで、自分の引っ越し費用の相場を把握できますよ。業者によって提供しているオプションサービスが異なりますので、自分のニーズに合う業者を選びましょう。見積もりをしっかりと比較検討し、納得のできる金額と品質の業者を見極めることが大切です。

「引越バービィ」見積もりはこちらから!

大手と地域密着型の両方を視野にいれて比較 

引っ越し業者を選ぶときには、大手の業者と地域密着型の業者の両方を視野に入れて比較するのがおすすめです。大手の引っ越し業者は、知名度が高く安心して利用できるのがメリットです。一定以上の品質のサービスが期待できるのも大手の特徴ですよ。一方の地域密着型は、大手にはない柔軟さで、個々のニーズに合わせた対応が期待できるでしょう。業者選びをする際には、ランキングサイトやクチコミサイトを参考にするのもよいでしょう。実際に引っ越し業者を利用した人の生の声が確認できるので、信頼できる業者選びに役立ちますよ。

引っ越し費用・料金についてのよくある質問

引っ越し作業を業者に依頼するときには、疑問点はあらかじめ解決しておきたいもの。わからない点があるまま依頼すると、引っ越し作業や支払いについてトラブルになる可能性も出てくるためです。引っ越しの費用に関して、よくある質問を3つ紹介します。

運搬中の事故で荷物が破損した場合、補償はしてもらえる? 

引っ越し業者の多くは、保険に加入しています。そのため、運搬中の事故で荷物が破損した場合には、補償を受けることが可能です。ただし、お金や有価証券、貴金属や宝飾品などは補償に上限があることも。引っ越し荷物には該当する品は梱包しないよう気をつけたいですね。引っ越し業者を選びの段階で、保険に加入しているかどうかを業者に直接確認するのがおすすめです。

引っ越し業者への支払いにクレジットカードは使える? 

引っ越し業者の多くでは、支払いにクレジットカードの利用が可能です。大手の引っ越し業者であれば、ほとんどの業者がクレジットカード払いに対応していると考えてよいでしょう。ただし、利用できるクレジットカードの種類は、業者によって異なるので確認が必要。中小の引っ越し業者の場合には、クレジットカードの使用ができない業者もあります。使用できるかどうかを、事前に確認するのがおすすめです。

引っ越し業者にチップは必要? 

引っ越し業者には、正規の料金のほかにチップを支払う必要があると聞いたことがある人もいるかもしれません。以前は「心付け」としてチップを手渡すことが一般的だったことから、年配の人は特にチップが必要だと考えている人がいるためです。しかし現在は、業者へのチップは必要ないと考えてよいでしょう。チップがないために作業の手を抜くことなどはないので、安心してください。

引っ越しの業者をお探しなら…引越バービィがおすすめ!

引っ越しを依頼する業者選びでお困りなら、「引越バービィ」の利用がおすすめです。「引越バービィ」は、東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での引っ越しを安心して任せられる、評判のよい引っ越し業者です。ファミリーでの引っ越しに強いのが特徴で、スタッフの丁寧な対応には定評がありますよ。不用品の買取も依頼でき、買取費用は引っ越し費用から差し引かれるのでお得です。「引越バービィ」に見積もり依頼するなら、こちらのリンクをクリックしてください。
https://www.102704.com/contact/

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

カテゴリ別でコラムを読む

通話料無料0120-102-704
今すぐ無料見積りを依頼する
LINEで見積りを依頼する
24h/カレンダーで予約

キャンペーン情報

  • 賞金5万円プレゼントキャンペーン当選者発表!
  • 引越し丸ごとお手伝いパック
  • ハウスクリーニングならクリーンクルー
  • 一時お預かりサービス
TOPへ戻る

相見積もり大歓迎!

他社最大比30%OFF 東京・埼玉・神奈川・千葉でNo.1最安値 どこにも負けません

補償について

最大賠償額1億円

セキュリティーについて

当サイトはSSL対応です。

お客様の大事な情報は暗号化して送信されます

お支払方法について
現金・クレジットカード・デビットカード・交通系電子マネーなど様々な支払方法に対応

クレジット・デビット

交通系電子マネー

他電子マネー

QRコード決済