東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での移転(転入・転出)に対応。
ファミリーでのお引越に強い安心の引越センターです。

【2022年】引越しにおすすめの「縁起のいい日」とは?良くない日もご紹介

引越しは新しい生活をスタートさせる大事な行事なので、縁起がいい日に行いたいものです。縁起のいい日と聞いて、多くの方は大安を思い浮かべるでしょう。しかし大安以外にも、引越しに向いている日はあります。逆に引越しには不向きとされる日もあります。
この記事では引越しにおすすめの縁起のいい日や、引越しに向かない日、2022年の引越しにいい日取りカレンダーなどを紹介します。引越しの日取りを決める参考にしてください。

引越しにおすすめの縁起のいい日とは?

大安

大安は「六曜」の中で一番縁起がいい日とされていて、「たいあん」と読みます。六曜には大安の他に「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「赤口」の6種類があり、中国の占いに由来しています。六曜はその日の吉凶を占う指標として用いられており、多くのカレンダーに記載されているので目にしたことがあるでしょう。
六曜では時間帯でも吉凶がありますが、大安は一日を通して吉日であるとされています。何をするにもいい日といわれており、引越しの他にも結婚式やお祝いごと、お葬式などを行うのによく選ばれる日です。

天赦日

天赦日は、暦の最下段に書かれている日々の吉凶を表す暦注「暦注下段」の中で最高の吉日といわれています。読み方は「てんしゃにち」や「てんしゃび」です。「天がすべての罪を赦(ゆる)す日」という意味があり、新しいことを始めるとすべて上手くいくとされています。そのため引越しなど新しいことを始めるのに向いている日です。
天赦日は年に5~6日ほどしかありません。天赦日に合わせて引越しを行うのは難しいため、他の吉日も日取りの候補に考えるとよいでしょう。

一粒万倍日

暦注の「選日」の中のひとつで「いちりゅうまんばいび」や「いちりゅうまんばいにち」と読みます。「一粒のもみが万倍にも実る稲穂となる」という意味があり、何かを始めるのに最適な日とされています。引越しの他にも結婚や入籍、開業などを行うのも縁起がいい日です。また金運にも関係しており、財布や宝くじの購入をする人も多くいます。
一粒万倍日は二十四節気と干支の組み合わせで決められており、月に4~7日ほどあります。頻繁に巡ってくるため、引越しの日取りを合わせやすいでしょう。

友引

六曜の中のひとつで「ともびき」と読み、大安の次に縁起のいい日とされています。本来は「共引」と表記されていて、勝負事で「共に引きあう」という意味がありました。引き分けになり勝負がつかない日、よくも悪くもない日とされていて「何事もなく平穏に終わる日」という意味もあります。そのため、引越しに向いているといえるでしょう。
現在は「友引」と表記され「友を引き込む」と解釈されています。「よいことも悪いことも引き込む」と認識されるようになったため、結婚式などのお祝いごとに最適です。しかしお葬式などの弔事は避ける傾向があります。
時間帯により吉凶があり、朝夕は吉、昼は凶とされています。引越し作業は午前中に終わらせるか、昼は中断し夕方以降に再開するなど段取りを決めておくとよいでしょう。

先勝

六曜の中のひとつで「せんしょう」「さきがち」「せんがち」と読みます。「先んずれば勝つ」という意味があり、物事を早く済ませるのがいい日といわれています。すべてにおいて急ぐのが吉とされているので、午前中の結婚式やお見合い、訴訟などにも向いている日です。
時間帯により吉凶があり、午前中は吉、午後は凶とされています。先勝の日に引越しをするなら、午前中に行うのがよいでしょう。

【2022年版】引越しにいい日取りカレンダー

2022年の引越しに最適な日を紹介します。特に縁起がいい日とされている大安、天赦日、一粒万倍日がいつか見ていきましょう。

大安

1月:8日、14日、20日、26日
2月:5日、11日、17日、23日
3月:1日、6日、12日、18日、24日、30日
4月:3日、9日、15日、21日、27日
5月:2日、8日、14日、20日、26日、30日
6月:5日、11日、17日、23日
7月:4日、10日、16日、22日、28日
8月:2日、8日、14日、20日、26日、30日
9月:5日、11日、17日、23日、28日
10月:4日、10日、16日、22日、26日
11月:1日、7日、13日、19日、24日、30日
12月:6日、12日、18日、28日

天赦日

1月11日
3月26日
6月10日
8月23日
10月22日
11月7日

一粒万倍日

1月:11日、14日、23日、26日
2月:5日、10日、17日、22日
3月:1日、9日、14日、21日、26日
4月:2日、5日、8日、17日、20日、29日
5月:2日、14日、15日、26日、27日
6月:9日、10日、21日、22日
7月:3日、4日、7日、16日、19日、28日、31日
8月:10日、15日、22日、27日
9月:3日、11日、16日、23日、28日
10月:5日、8日、11日、20日、23日
11月:1日、4日、16日、17日、28日、29日
12月:12日、13日、24日、25日

大安と一粒万倍日が重なる日を紹介します。

1月14日、16日
2月5日、17日
3月1日
5月2日、14日、26日
7月4日、16日、28日
9月11日、23日、28日
10月22日
11月1日、7日
12月12日

2022年は天赦日と一粒万倍日が重なる日が3日あります。年に数回しか訪れない最高の運気をチェックしておきましょう。

1月11日
3月26日
6月10日

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

縁起のいい日の引越しは料金が高い場合も

新しい生活がスタートする引越しは、縁起を担いで吉日に行いたいと考える方も多いでしょう。しかし縁起のいい日の大安などは引越しの需要が多く、引越し業者によっては料金を高めに設定しているところもあります。需要が多いと、料金は高く設定されるのが一般的です。
さらに引越しシーズンの3月や4月、土日も料金が高くなる傾向があります。また引越しが集中してしまうので、予約が取りにくいデメリットもあります。どうしても縁起のいい日に引越ししたい場合は、早めに計画を立てて予約を入れましょう。
縁起のいい日に引越しの日取りを合わせられない場合もあります。その場合の対処方法を紹介します。

縁起のいい日に少しだけ荷物を運ぶ

今住んでいる家を出て行く前に新居に入れる場合は、少しだけ荷物を運んでおくとよいでしょう。引越しでは最初に荷物を運び入れた日が、引越しの正式日となります。縁起の悪い日に引越し業者へ依頼する場合でも、縁起の悪さを軽減できます。

玄関に盛り塩を置く

荷物を新居に運び込めない場合は、玄関に盛り塩を置きましょう。お酒をお供えするのも良く、縁起の悪さを軽減できます。仏壇や神棚、鏡などがある場合は、そちらを先に運び込みこむことをおすすめします。お祓いの効果があるといわれているので、通常の引越しのときも先に運び込むとよいでしょう。

新居で一晩過ごす

都合がつくのであれば、家主が新居で一晩過ごすのもよいでしょう。新居に泊まった日も引越しの正式日となります。

大安や天赦日の引越しが難しい場合

縁起がいいとされている大安や天赦日が引越しに向いていますが、タイミングが合わない場合もあります。大安は月に4~6日ほどありますが、平日に当たる場合が多いため休日の引越しは難しいでしょう。天赦日は年に5~6日ほどしかないので、天赦日に合わせて引越しの日取りを決めるのは難しいといえます。
大安や天赦日以外でも、引越しに向いている吉日があります。暦注下段には天赦日を含めて7つの吉日があり「七箇の善日(ななこのぜんにち)」と呼ばれています。七箇の善日の中でも、特におすすめの日取り「大明日」「天恩日」「月徳日」の3つを紹介します。

大明日

大明日は「だいみょうにち」と読み、「天地が開けて、太陽が隅々まで明るく照らしてくれる日」という意味があります。明るく照らされて先々まで見通しがよいとされており、すべてにおいて大吉といわれています。結婚や入籍、移動を伴う引越しや旅行などに最適です。
大明日は月に8~17日あり日数が多いのが特徴です。他の吉日とも重ねやすく、引越しの日取りを更に縁起のいい日に合わせられるでしょう。

天恩日

天恩日は「てんおんにち」と読み、「天の恩恵をすべての人が受ける日」という意味があります。さまざまなお祝いごとに縁起がいいとされており、お葬式などの弔事には向いていません。江戸時代から庶民の間で使用されている吉日で、引越しにもおすすめです。
天恩日は5日間続くのが特徴なので、引越しの日程に合わせやすい日です。また、他の吉日と重なることも多く、より縁起のいい日が選べるでしょう。

月徳日

月徳日は「つきとくにち」や「げつとくにち」などと読み、「その月の福が得られる日」という意味があります。万事に支障がない吉日といわれており、特にリフォームや建築など「土」に関連することに向いています。そのため引越しにもおすすめの日です。
月徳日は月に3~4日あり、1年では35日ほど設定されています。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

引越しに向かない日取りは?

仏滅

仏滅は「ぶつめつ」と読み、「物が滅する日」という意味があります。六曜の中で一番縁起の悪い日とされているため、冠婚葬祭を行うのは避けられるケースが多い日です。「仏」という字が使われていますが、六曜の由来は中国なので仏教とは関係ありません。
すべてのことが上手くいかない日とされ、引越しも避けられる傾向があります。しかし仏滅は古くは「物滅」と表記されていたため、「古いものを滅して、新しいことを始める日」という解釈もされています。新しいスタートを切る引越しに適しているという説もあるので、仏滅も選択肢に入れてもいいかもしれません。
仏滅は大凶日なので「これ以上悪くならない日」と捉える方もいるようです。仏滅は引越しを避けるケースが多いので、引越し料金は低めに設定されています。また、予約が取りやすいのもメリットです。縁起の悪い日にこだわらないで柔軟に考えると、仏滅は引越しに向いているかもしれません。

赤口

赤口は「しゃっこう」「しゃっく」「せきぐち」などと読み、仏滅の次に縁起が悪い日といわれています。陰陽道に由来しており、「赤口神」のもとにいる「八大鬼」が人間に凶事をもたらしていたことからきています。
また「赤」という字が火や血を連想させるため、「火や刃物などに気をつける日」とされています。そのためお祝いごとや引越しには向いていません。
時間帯によって吉凶があり「午の刻」といわれる午前11時から午後1時までは吉とされ、他の時間帯は凶となります。やむを得ず赤口に引越しをする場合は、午の刻の時間帯に作業を進めるとよいでしょう。

不成就日

不成就日は「ふじょうじゅび」や「ふじょうじゅにち」と読み、「何をしても成就しない日」とされています。選日の中で凶日といわれているため、お祝いごとや命名、引越しなど、新しいことを始めるには向いていません。
不成就日は月に3~5日あり、1年では50日ほど設定されています。気になる方は、引越しの日取りに重なっていないか調べておくとよいでしょう。

三隣亡

三隣亡は「さんりんぼう」と読み、「三軒先まで滅ぼす」といわれています。選日の中では建築に関係することは凶日とされており、地鎮祭や棟上げ式、引越しなどには向いていません。建築業界では大凶日として有名で、三隣亡を徹底的に避ける傾向があります。また近所に三隣亡を気にする方がいる場合もあるため、引越しも避けたほうがよいでしょう。
しかし本来は「三輪宝」と表記され、吉日とされていました。そのため三隣亡を気にしない方もいるようです。
三隣亡は月に2~4日あり、1年では30日ほど設定されています。

土用

土用は「どよう」と読み、年に4回訪れる一定の期間をさします。土用の期間は、土を司る神様「土公神」がいるため、土いじりをしてはいけないとされています。そのため建築や引越しなどは避けたほうがいいでしょう。
土用の期間は季節ごとに約18日間あります。その期間建築などが行えないと、生活に支障が出るでしょう。そのため土用の期間には、「間日」と呼ばれる日が設定されています。神様が天上へ行く日なので、土を動かしても祟りがないとされています。土用の期間に引越しをする場合は、間日に合わせるとよいでしょう。

関東で引越しをするなら引越しバービィー

引越しバービィーでは縁起のいい日・悪い日に関わらず日時指定で引越しが可能です。料金は距離・物量・期間によって決まります。業界最安値での引越しサービスを提供しているため、他社より1円でも高い場合は相談すると対応が可能です。予算や状況、スケジュールに合わせた最善のプランを提示してくれます。
引越しバービィーは、3つの安心プランから適切なものが選べます。荷造りと荷ほどきは自分で行う「セルフプラン」、荷解きは自分で行う「スタンダードプラン]、荷造りから運搬、設置、荷ほどきまですべておまかせできる「丸ごとお任せプラン」があります。このプランの他にも、よりお得なプランを提示してくれる場合があるので相談してみましょう。単身者向けの引越しプランもあります。
部屋が散らかっていて何から手を付けていいかわからないという場合でも、片付けから梱包まで行ってくれます。対応エリアは東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県です。
オプションも充実しており、引越しに必要なダンボール、ふとん袋、ガムテープなどの梱包資材を無料で提供しています。引越し後のダンボールの回収も対応可能です。
また、引越しの際に出た不用品の片付けや買取りも、引越しと同時に対応可能です。他にも、退去後や入居前のハウスクリーニングのオプションがあります。
見積もりは無料で、電話、メール、LINEなどで受け付けており、当日対応も可能です。支払い方法は現金、クレジットカード、デビットカード、交通系電子マネーなどが利用できます。関東で引越しをするなら、引越しバービィーへ相談しましょう。

まとめ

引越しで縁起のいい日には大安、天赦日、一粒万倍日などがあります。大安や天赦日は平日が多く、引越しのタイミングに合わせられない場合もあります。特に天赦日は年に数回しか訪れないので、天恩日に合わせて引越しをするのは難しいでしょう。
時間帯による吉凶はありますが、友引や先勝も引越しに向いています。大明日、天恩日、月徳日は日数が多いため、引越しの日程を合わせやすいでしょう。
仏滅は縁起が悪いといわれていますが、必ずしも引越しがダメな日というわけではありません。引越し料金が安いメリットもあり、捉え方によっては引越しに向いているといえます。
引越しは人生の転機になるかもしれないので、なるべくいい日に行いたいものです。縁起のいい日に引越しできるように、早めに確認しておくとよいでしょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

カテゴリ別でコラムを読む

通話料無料0120-102-704
今すぐ無料見積りを依頼する
LINEで見積りを依頼する
24h/カレンダーで予約

キャンペーン情報

  • 賞金5万円プレゼントキャンペーン当選者発表!
  • 引越し丸ごとお手伝いパック
  • ハウスクリーニングならクリーンクルー
  • 一時お預かりサービス
TOPへ戻る

相見積もり大歓迎!

他社最大比30%OFF 東京・埼玉・神奈川・千葉でNo.1最安値 どこにも負けません

補償について

最大賠償額1億円

セキュリティーについて

当サイトはSSL対応です。

お客様の大事な情報は暗号化して送信されます

お支払方法について
現金・クレジットカード・デビットカード・交通系電子マネーなど様々な支払方法に対応

クレジット・デビット

交通系電子マネー

他電子マネー

QRコード決済