東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での移転(転入・転出)に対応。
ファミリーでのお引越に強い安心の引越センターです。

引越し時、ハウスクリーニングは必要?費用相場や注意点を解説

引越し時、ハウスクリーニングは必要?費用相場や注意点を解説

ハウスクリーニングとは、賃貸マンション、アパート、戸建ての引っ越し時に伴う入居前や退去時の清掃、あるいは一般家庭の掃除全般などをプロの清掃業者が行ってくれるサービスです。費用は貸主負担の場合と借主負担の場合があります。
退去時にきれいな状態にすることは、不動産会社や次の入居者に対するマナーです。とはいえ、どこまできれいな状態に戻せばいいのかわからない人もいるでしょう。この記事ではハウスクリーニングの必要性と費用相場、注意点を解説していきます。

引っ越しの時、ハウスクリーニングは必要なの?

ハウスクリーニングは基本的に貸主が依頼して行うものです。しかし、次の入居者が入居する前に必ずしなければいけないものではありません。借主が家賃という対価を得る以上、気持ちよく入居してもらいたいという誠意の前準備といえます。
また、ハウスクリーニングは借主負担という「特約」を採用するオーナーも多く、現在では慣例に近いものとなっています。借主負担の契約書にサインをした場合は、規定通りの状態に修繕する必要があります。退去時のハウスクリーニング代を負担したくない人は、貸主負担の物件を探しましょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

引っ越しの時にハウスクリーニングはどこまですればいい?

賃貸には国土交通省のガイドラインにも定義されている「原状回復義務」があります。簡単に言うと、「退去時に入居者が物件を入居時の状態に戻す義務」ということです。原状回復の理想は入居時の状態までの回復ですが、経年劣化による汚れやシミなどは許容範囲となります。
経年劣化の例としては、畳の日焼けによる色落ち、家具設置時についた床の凹みや設置跡、通常使用による冷蔵庫後部壁面の電気焼け、自然現象によるクロスの変色などです。普通に生活する中でどうしてもついてしまうものなので、修繕は不要となります。
ただし、賃貸住宅では入居者が部屋を適切に管理しながら住む義務があります。手入れを怠ったためにできてしまった汚れ、シミなどは退去時に費用を負担しなければなりません。
例として、飲食物をこぼしてできたシミ、雨が入り込んだことによる劣化、換気扇やコンロの汚れ、水回りの黒ずみやカビなどが対象になります。入居者が喫煙者で発生したヤニ汚れも、借主負担での清掃が必要です。場合によっては部屋全体のクロス張替えが必要になることもあるので、入居時から対策をしておきましょう。
「経年劣化として認められるか」「入居者の過失と認定されるか」の基準は物件によって異なるため、管理会社へ問い合わせる必要があります。

国土交通省|原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

引っ越しの時にかかるハウスクリーニングの費用相場

ハウスクリーニングの費用相場は住宅の状態(延床面積の広さ、汚れ具合、空室中か居住中か)などによって異なります。さらにマンションと戸建ては部屋数が同じでも費用が変わってきます。ここでは、マンションと戸建てそれぞれの費用相場を紹介します。

マンションの費用相場

マンションのハウスクリーニングの費用は約26,000円〜115,000円が相場となっています。

・1K/1DKは26,000円〜46,000円
・2LDK/3DKは45,000円〜91,000円
・3LDK/4DKは58,000円〜100,000円
・4LDK/5DKは68,000円〜115,000円

広さによって相場が大きく変わります。戸建てに比べてマンションは間取りが複雑ではないため、間取り通りの料金が適用されることがほとんどです。さらに、空室である場合にはクリーニング時に余計な荷物を移動させる手間が省けるため、上記相場より2割ほど安くなることもあります。
マンションの場合、作業用の車を停めるため敷地内駐車場を利用します。空きスペースがない場合、近隣にある公共の駐車場やコインパーキングを利用することもあり、駐車場料金を別途請求されることがあります。作業料金の範囲内に含まれるのか、見積もり外で別途請求されるのか確認しておきましょう。

戸建ての費用相場

戸建てのハウスクリーニングの費用は広さや間取りによって違いがありますが、約60,000円〜140,000円が相場となっています。

・2LDK/3LDKは60,000円〜100,000円
・3LDK/4LDKは70,000円〜116,000円
・4LDK/5DKは80,000円〜135,000円

どの程度までのハウスクリーニングを依頼するかによっても、40,000円〜55,000円ほどのばらつきがあります。
戸建て住宅は複数のトイレや浴室、二世帯住宅であればそれぞれの階にキッチンが用意されている場合もあり、部屋の間取りが一定ではありません。ハウスクリーニングを依頼する際には、どういった間取りになっているか物件タイプや広さ等を把握して相場を調べたり、相見積もりを取ったりすることもおすすめです。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

引っ越しの時にかかるハウスクリーニング代の費用を安く抑えるには?

何かとお金がかかる引っ越しなので、ハウスクリーニング代はできるだけ安く抑えたいところです。これから紹介する節約方法をぜひ参考にしてみてください。

安く抑える方法1.閑散期に依頼する

ハウスクリーニングを依頼するのに適した時期は年明けの1月〜2月、9月〜11月です。大掃除や引っ越しのシーズンと重ならないため、スケジュール面で融通が効きやすい時期です。繁忙期ではない時期の依頼は、割引や特典などのサービスを受けられる可能性もあります。

6月〜9月がなぜハウスクリーニングの依頼時期に適していないのかというと、エアコンクリーニングの依頼が増えるためです。夏季のエアコン使用前から後に生じるエアコンクリーニングシーズンなので、費用が高くなる可能性があります。大掃除や引っ越しシーズンよりは割高にならない傾向にありますが、時間に余裕がある人は6月〜9月も省いた時期を狙って依頼してみてください。

転勤などで繁忙期に依頼せざるを得ない場合や、年末の大掃除はプロの業者に頼んででもしっかり行いたいという場合もあるでしょう。料金相場が高くなるだけでなく、繁忙期は希望の日時の予約が取れないほど集中します。ハウスクリーニングを依頼したい日程が決まり次第すぐに予約をしましょう。

安く抑える方法2.できるだけ自分でクリーニングをする

退去時のハウスクリーニングが特約による借主負担の場合は、クリーニング代、畳の表替え費用、クロスの張り替え費用、消臭費用などが明記されていることがあります。ほとんどの場合が原状回復までの修繕で済みますが、入居者が管理を怠ったために追加作業が発生した場合はクリーニング代が割高になってしまいます。普段からこまめに掃除を行うことで、自分では対処できないほどの状態を回避できます。通常のクリーニング作業範囲で収まるよう、定期的な掃除で費用節約を目指しましょう。
退去時に特に気をつけて掃除しなければならないのが、ガスコンロ置き場、換気扇等の油汚れ、すす、お風呂、トイレ、水回り(水垢、カビ)などです。これらの箇所は使用期間中に清掃・手入れを怠り汚損が生じると、善管注意義務違反と判断されます。退去時にハウスクリーニングを依頼するからといって放置せず、上記の箇所を意識してクリーニングしましょう。

安く抑える方法3.まとめて依頼する

ハウスクリーニングの掃除箇所の個別依頼は、まとめて依頼する場合に比べて割高な料金設定になっているのが一般的です。複数箇所のクリーニングをまとめて依頼すれば、一度の清掃スタッフの派遣で済むためです。そのため、汚れの気になる箇所が複数ある場合はまとめて依頼したほうがお得です。
キッチン、浴室、トイレなどは、水回りプランなどを活用すれば費用を抑えられます。エアコンクリーニングを依頼する際は複数台、さらに室外機も同時に依頼することで費用の節約が可能です。
大手ハウスクリーニング業者ではセット料金を設けていることもあります。一見高額に見えるかもしれませんが1箇所あたりの費用は安く設定されてあるため、あれもこれもと個別で依頼するよりも賢く費用を抑えられます。

引っ越しの時、ハウスクリーニングを依頼するときの注意点

引っ越しの際のハウスクリーニングには、いくつかの注意点があります。オーナーと揉め事にならないよう、そして効率よく引っ越しを行う上で重要なポイントを紹介します。

オーナーや不動産会社に必ず事前に相談

ハウスクリーニングをする際は賃貸物件のオーナーや不動産仲介業者(管理業者)に事前に相談しましょう。オーナーや仲介業者指定のハウスクリーニング業者がすでにいる可能性もあるからです。事前に確認を怠ることで依頼が重複してしまうことを防ぐためにも、引っ越しが決まったら「ハウスクリーニングを業者に依頼したい」と伝えてください。
契約済みの業者がない場合には、入居者の選んだハウスクリーニング業者に依頼して問題ないことが多いですが、念のため事前にオーナーや不動産会社の了承を得ておくと安心です。

複数業者の見積もりを取る

ハウスクリーニングは業者によって費用が大きく変わってきます。複数の業者に見積もりを依頼し、費用を比較した上で決めましょう。
ハウスクリーニング業者を比較することで、サービス・特徴の違い、追加料金の有無などもチェックできます。見積もり内容を詳細に出してくれるか、どの範囲までの清掃に対応してくれるのか(専門的な場所を重点的に、細かな場所から専門的な場所まで対応するのか等)、保証はあるのかなどを確認するのがおすすめです。
しっかりと比較することで安い業者を選べるだけでなく、より自身の希望に合ったサービスを提供している業者を見つけられます。また、不当な費用を提示されたと感じた場合は、すぐに確認してみるといいでしょう。

損害賠償保険に入っているハウスクリーニング業者を選ぶ

ハウスクリーニングを依頼する前に「損害賠償保険に加入しているか」を確認しましょう。人の手によるクリーニングなので、何らかの事故で壁に穴を開けられた、設備を破損されたなどの不慮の事故が起こることもあり得ます。
思わぬトラブルが起きた時にクリーニング業者が即時支払える金額で済めば問題はないですが、損害額が大きい場合には損害保険が保証します。保険が降りるまで少々時間がかかることもありますが、業者が損害賠償保険に加入していれば必ず元の状態に戻してもらえるので安心です。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

ハウスクリーニングのオプションがついている引っ越し業者がおすすめ

引っ越し作業のオプションとしてハウスクリーニングを提供している業者も多く、サービスの内容も業者によってさまざまです。ハウスクリーニングのオプション付き引越し業者を選ぶメリットと、おすすめの業者を紹介します。

引っ越し業者のハウスクリーニングを選ぶメリット

引っ越しは、荷物の整理、掃除、退去・入居に必要な書類の準備、他にもやらなければならないことが多くかなりの労力がかかります。引っ越し業者とハウスクリーニング業者を別々で頼むのは、より手間に感じますし効率が悪くなってしまいます。
時間に余裕がない人は、ハウスクリーニングのオプションがついている引っ越し業者を選ぶといいでしょう。いくつもの業者と依頼のやりとりをしなくて済むのでおすすめです。部屋全体の依頼や部分的な依頼など自身の希望するクリーニング内容を、充実したサービスの中から選べます。

引っ越しの退去時のハウスクリーニングなら、引越バービィがおすすめ

引越バービィは東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県を対応エリアとした引っ越し業者です。活動エリアを絞ることでトラックの稼働率を上げ、引っ越しにかかるコスト削減・迅速な対応を実現しています。
大型家具・家電の梱包、運搬、設置を扱う「セルフプラン」は、自分で引越し作業を進められる人にとって低価格での依頼が叶います。
「スタンダードプラン」は、荷ほどき以外の工程は全てお願いしたいという人にぴったりの人気ナンバーワンプランです。
片付け、梱包、運搬、設置、荷ほどきまで対応の「まるごとお任せプラン」は、忙しくて時間がない人におすすめです。荷物の量や散らかり具合に関わらず対応してもらえます。
どのプランも距離・物量・時期によって見積もり金額が変動するので、詳細は問い合わせでの確認となります。
女性は片付けの依頼を躊躇してしまいますが、引越バービィはプライバシー保護の観点を踏まえ女性スタッフの派遣を行っており安心です。運搬以外の作業のお手伝いをしてもらえます。
さらに、引っ越しと同時にハウスクリーニングを申し込むことで最大30%割引のサービスも受けられます。同時に行うことで別途家財の移動などの手間も省け、一斉に掃除をしてもらえるので効率的です。
引っ越しバービーのハウスクリーニング

まとめ

引っ越し時のハウスクリーニングが借主負担の場合は、必ず行ってから退去しましょう。
ハウスクリーニングは部屋の状態や業者によって価格に大きな差が出ます。最後にハウスクリーニングを依頼するからといって、普段からの掃除を怠ると出費がかさんでしまいます。退去時の大掃除での頑固な汚れと思わぬ追加請求に悩まされないように、普段からこまめに掃除して部屋をきれいに保ちましょう。
業者にハウスクリーニングを依頼する際には、安く抑えるためのポイントを押さえて、トラブルに巻き込まれないように注意点を理解しておくことが大切です。きれいな状態で部屋を明け渡し、スムーズかつ効率的に引っ越しをして、気持ちよく新居での生活を迎えましょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

カテゴリ別でコラムを読む

通話料無料0120-102-704
今すぐ無料見積りを依頼する
LINEで見積りを依頼する
24h/カレンダーで予約

キャンペーン情報

  • 賞金5万円プレゼントキャンペーン当選者発表!
  • 引越し丸ごとお手伝いパック
  • ハウスクリーニングならクリーンクルー
  • 一時お預かりサービス
モバイル PC
TOPへ戻る

相見積もり大歓迎!

他社最大比30%OFF 東京・埼玉・神奈川・千葉でNo.1最安値 どこにも負けません

補償について

最大賠償額1億円

セキュリティーについて

当サイトはSSL対応です。

お客様の大事な情報は暗号化して送信されます

お支払方法について
現金・クレジットカード・デビットカード・交通系電子マネーなど様々な支払方法に対応

クレジット・デビット

交通系電子マネー

他電子マネー

QRコード決済

入力は3分で完了。お見積もり後当日のお伺いも可能です。

今すぐ無料見積りを依頼する LINEで見積りを依頼する 24h/カレンダーで予約

すぐに料金を知りたい方は今すぐお電話下さい
【電話受付時間】9:00~19:00

0120-102-704