東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での移転(転入・転出)に対応。
ファミリーでのお引越に強い安心の引越センターです。

単身赴任で必要な生活費は?平均相場や節約方法を解説!

単身赴任で必要な生活費は?平均相場や節約方法を解説!

家庭の事情で単身赴任をしなければならない状況になる人も少なくありません。単身赴任生活を始める場合、どのくらいの生活費が必要なのか、ある程度試算しておく必要があります。
一人暮らしと単身赴任の生活費の差や、地域別の単身赴任の生活費、転勤するときの費用、単身赴任で節約する方法などについて詳しく紹介します。

単身赴任にかかる費用の平均相場は?

単身赴任する場合、家族が住む家の生活費と単身者の生活費の2つが必要です。単身赴任の生活費の目安がわからないと、家族にいくら渡せばいいのか計算ができません。家族に今まで通りの生活費を渡していると、自分の生活費が足りない、給料日前まで苦しい状態になってしまう場合もあります。
単身赴任期間は、2重生活になるのでなるべく節約できるところは工夫して出費を抑えたいものです。単身赴任で必要な費用の内訳は、家賃以外では食費、光熱費、通信費、交通費などがあります。
会社にもよりますが、単身赴任をする場合、家賃の一部や、家族のいる住まいに帰るときの交通費の一部を負担してくれるケースもあります。また、独身寮や単身赴任用の住まいを借り上げている会社の場合は、家賃が必要ない、もしくはかなり安く抑えられることもあるでしょう。
単身赴任の生活費の相場は、全国で見ると平均12万〜14万円となっています。家賃を除いても、毎月10万円以上はかかると考えた方がいいでしょう。ただし、単身赴任で住むエリアによって生活費の相場は変わってきます。転勤先の地域の相場で生活費を考えるといいでしょう。こちらは後ほど詳しく紹介します。

一人暮らしにかかる生活費との差は?

一人暮らしと単身赴任は、どちらも一人の人が生活するために必要な費用なので一見同じように思えますが、実は差があります。一人暮らしの生活費の平均は、家賃を除くと約13万円です。家賃の安い田舎で一人暮らしをする場合は、この13万円に家賃2万〜3万円ほどを足した金額で済むでしょう。
しかし東京や大阪など都市部に済む場合は、家賃が5万円〜10万円、物件の立地や条件によってはそれ以上必要になるケースもあります。
一人暮らしの場合は、会社の都合で単身赴任生活を送っているわけではないため、家賃や生活費はすべて自分で支払う必要があります。会社からの補助や手当がない分、単身赴任の生活費よりも高くなると考えた方がいいでしょう。

【地域別】単身赴任にかかる生活費の相場

地域① 北海道・東北

北海道の単身赴任の生活費の相場は、住居費用が約21,000円、食費が約39,000円、光熱費が約13,000円です。地方のため家賃が20,000万円程度と安く抑えられていますが、寒冷地なので冬の暖房費などは13,000円よりも高くなると考えられます。会社から暖房手当などが支給されない場合は、冬場の光熱費の節約を心がけるといいでしょう。

地域② 東北

東北の生活費の相場も、北海道と同じく住居費用が約21,000円、食費が約39,000円、光熱費が約13,000円です。東北も雪が多く冬は厳しい寒さになるので、光熱費は上がると考えた方がいいでしょう。

地域③ 関東

関東地方の単身赴任の生活費の相場は、住居費が約40,000円、食費約41,000円、光熱費約10,000円となっています。住居費の相場が40,000円になっていますが、住むエリアによってはワンルームや1Kなどでも、40,000円より高い金額になる場合があるでしょう。駅近やオートロックなど条件がよくなれば、さらに家賃は高額になります。

地域④ 北陸

北陸の生活費の相場は、住居費約20,000円、食費約40,000円、光熱費約10,000円です。北海道や東北と同じく住居費が安く抑えられる傾向にあります。しかし北陸地方の場合も、冬の光熱費がもう少し上がると考えた方がいいかもしれません。また、物件のタイプによっては、冬場は毎日雪かきが必要になることもあります。

地域⑤ 東海

東海の生活費の相場は、住居費約20,000円、食費約40,000円、光熱費約10,000円とほぼ北陸と同じです。しかし、冬に雪が降るほど冷え込むことはあまりないため、年間の光熱費は北陸よりも低く抑えられるでしょう。

地域⑥ 近畿

近畿地方の相場は、住居費約23,000円、食費約41,000円、光熱費約9,000円です。近畿地方の場合は、寒冷地のように寒暖差がそれほどないため、季節による光熱費の変動は少なくて済むでしょう。ほかの地域より食費が高めになっているので、節約するならどこで食料を調達するかなど工夫が必要かもしれません。

地域⑦ 中国&四国

中国&四国地方の生活費相場は、住居費約25,000円、食費約38,000円、光熱費約11,000円となっています。中国や四国などの場合、通勤や生活にマイカーが必須になることが多いので、生活費の内訳にはありませんが、車の維持費が必要になってきます。期間限定で住むとわかっている場合は、カーシェアリングなどを使って費用を抑えるといいでしょう。

地域⑧ 九州

九州の単身赴任の生活費相場は、住居費約27,000円、食費38,000円、光熱費約11,000円です。住居費は27,000円となっていますが、福岡の市街地に住む場合は、もう少し高くなる可能性があります。あらかじめ住みたいエリアの家賃相場などを調べておくと、借りる物件を絞り込みやすくなります。

地域⑨ 沖縄

沖縄も九州と同じく、生活費の平均は住居費約27,000円、食費38,000円、光熱費約11,000円です。ただし、沖縄は年間を通して温暖な気候のため暖房費などがかからない分、光熱費は抑えられるでしょう。那覇市内に住む場合は、住居費がもう少しかかるかもしれません。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

単身赴任にかかる生活費の節約方法は?

方法① 家賃を抑える

生活費の中でもっとも大きなウエイトを占めるのが家賃です。家賃が高いところに住むと、単身赴任の生活費はその分高くなってしまいます。家賃相場を把握してなるべく安いところを借りるようにしましょう。例えば週末は家族のもとに帰れるなら、平日部屋に寝に帰るだけと割り切ってワンルームなどを借りて家賃を節約するのもいいでしょう。
また会社へ車で通勤できる場合は、多少公共の交通機関では不便な場所に住んでも問題ありません。駅から遠い物件の方が家賃は安くなる傾向にあります。
また、築年数が古い物件も家賃が安く設定されていることが多いので、そのような部屋を借りて家賃を抑えるのもいいでしょう。期間限定で住む場所と割り切って、部屋を選んでみてください。

方法② 自炊する

食費も自炊することで、大幅に節約が可能です。毎回一人分を作るのは大変ですが、週末にまとめて作り置きして冷凍したり、前の日の夕食で残ったものを翌日のお弁当にして持って行ったりすることで、効率よく料理ができるでしょう。
食材は近所のスーパーの特売日などをこまめにチェックして安い日を把握しておくと、必要なものをもっとも安く購入できます。
お酒類は、酒の量販店などでまとめ買いすると安くなるのでおすすめです。インターネットで購入するのも、安いだけではなく運ぶ手間が省けて便利でしょう。
職場で飲む飲み物もコンビニなどで毎回買うのではなく、自宅からお茶を水筒に入れて持参するなど工夫すると、かなり節約できます。

方法③ 通信費を見直す

スマートフォンやインターネット料金で毎月10,000円近く払っているのなら、節約できる可能性が十分あります。SIMを格安に変えたり、スマートフォンとインターネットをセットで契約したりすることで、今支払っている金額から数千円ほど通信費が安くなることもあります。
家族と一緒の割引プランなどに入っている場合は、会社やプランを変更したほうがお得なのか、また家族も一緒に変更して節約にならないかなども検討してみましょう。

方法④ 帰省方法を考える

会社から帰省の交通費がすべて支給される場合は問題ありませんが、自分で支払わなければいけない場合、帰省するときの交通手段を安くできないか考えてみましょう。飛行機を使って帰省する場合、格安航空会社のチケットにすると大幅に安くなることもあります。期間限定のセールなども頻繁に行っているので、常に公式サイトをチェックするといいでしょう。
新幹線なら回数券を購入する方が安く済みます。また、より安い夜行バスを利用して帰るのもいいでしょう。
さらに早めに予約したり、インターネットで申し込んだりすると航空運賃やバス料金の割引が大きくなる場合もあります。マイルやポイントを貯めることも節約に繋がるので、ぜひ積極的に取り入れましょう。

方法⑤ 会社の手当を利用する

会社で支給される単身赴任手当を最大限活用しましょう。単身赴任手当や別居手当だけではなく、帰省の交通費の補助や家賃補助などが出る企業も少なくありません。単身赴任で会社からいくらもらえるのか、あらかじめ確認して生活費の予算に組み入れましょう。
ただし家賃補助は、指定された圏内に住むなどの条件がある場合があります。単身赴任先で、自分で部屋を借りる場合は、家賃補助が出る範囲内で物件を探しましょう。寮があるなら、寮に入るのもいいでしょう。
また企業によっては帰省の交通費は月に1回までと頻度が決められている場合や、金額の上限が設定されているケースもあるので、もらえる手当よりも使う費用が高くならないよう工夫してください。

方法⑥ 光熱費を節約する

現在は、電力会社を自分で選べる時代です。光熱費を節約したいなら、電力会社を変えることも検討してみましょう。携帯電話会社やガス会社など多くの企業が電力供給サービスを提供していて、電気料金やプランもさまざまです。どの電力会社がもっとも安くなるのかシミュレーションしてみてください。

単身赴任における転勤費用について

異動になって単身赴任をする場合、当然引越しなどの初期費用がかかります。まずは内訳を見ていきましょう。

・賃貸契約費用
・家具購入代
・引越し代

単身赴任生活を始めるにあたって、住まいを借りるための賃貸契約の費用が必要になります。住む地域や物件によって条件は違いますが、家賃4万円の場合、敷金・礼金それぞれ2か月分、前家賃1か月分とすると、5か月分の費用200,000円を最初に支払わなければいけません。
また寝具や家電など必要最低限の家具を揃えるために60,000円〜100,000円ほど必要です。
引越し代は距離や時期などにより変動しますが、約50,000円〜100,000円かかります。
ただし、転勤のための費用も会社の命令によるものなので、一部または全額負担してもらえるケースがほとんどです。企業によって転居費用として一律決まった金額の支給、または引越し費用と初期費用は全額負担など決まっているので、どこまで支払ってくれるのか最初に確認しておきましょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

関東で引越しをするなら引越しバービィー

東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城のエリアで単身赴任をするなら、引越しバービィーがおすすめです。引越しに必要な段ボールやガムテープ、ハンガーケース、ふとん袋などの梱包資材を無料で提供してくれます。
また、不用品の買取も一緒に行ってくれるので、単身赴任から戻ってくる場合も、家具や家電を引き取ってもらえます。買取金額は引越し料金から差し引けるのでお得に引越しできます。引越し前後の解体や組み立てなども対応しているので、面倒な作業はほとんどありません。
さらに土日や繁忙期でも日時指定ができるので、単身赴任先の仕事に影響なく引越しが可能です。
引越しプランも豊富で、単身の引越しから家族までいろいろ揃っているので、最適なプランを選べます。電話やLINE、メールなどで見積もりしてくれるので、仕事をしながらでも無理なく単身赴任生活の準備が進められます。

まとめ

単身赴任の生活費は住む地域によっても違いますが、思っているよりもかかると考えた方がいいかもしれません。家族のいる自宅との2重生活になるため、経済的な負担は大きくなります。単身赴任生活で節約できるところを探して、無理なく取り組むことをおすすめします。住む場所や食費、光熱費や通信費などを見直してみてください。
会社から単身赴任の手当や補助金が支給される場合も多いので、いくら負担してもらえるのかなどを、最初に詳しく確認しておきましょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

カテゴリ別でコラムを読む

通話料無料0120-102-704
今すぐ無料見積りを依頼する
LINEで見積りを依頼する
24h/カレンダーで予約

キャンペーン情報

  • 賞金5万円プレゼントキャンペーン当選者発表!
  • 引越し丸ごとお手伝いパック
  • ハウスクリーニングならクリーンクルー
  • 一時お預かりサービス
TOPへ戻る

相見積もり大歓迎!

他社最大比30%OFF 東京・埼玉・神奈川・千葉でNo.1最安値 どこにも負けません

補償について

最大賠償額1億円

セキュリティーについて

当サイトはSSL対応です。

お客様の大事な情報は暗号化して送信されます

お支払方法について
現金・クレジットカード・デビットカード・交通系電子マネーなど様々な支払方法に対応

クレジット・デビット

交通系電子マネー

他電子マネー

QRコード決済