東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での移転(転入・転出)に対応。
ファミリーでのお引越に強い安心の引越センターです。

引越しで使うハンガーラック(ハンガーボックス)とは?メリットとデメリットを紹介

引越しで使うハンガーラック(ハンガーボックス)とは?メリットとデメリットを紹介

引越しの際に、クローゼットなどのハンガーにかけて収納している衣類を運搬するのに便利なのが、ハンガーラック(ハンガーボックス)です。ドレスやスーツなど、シワをつけたくないものやシワになりやすいもの、畳みたくない衣類をハンガーにかけた状態で運搬できます。この記事では、引越しで便利なハンガーラックのメリットとデメリット、利用法について紹介します。

引越しで使用するハンガーラック(ハンガーボックス)とは?

引越し時に使用するハンガーラック(ハンガーボックス)とは、梱包資材の一種で、ボックスの上部にハンガーを吊り下げるパイプがついているものです。洋服をハンガーに吊るしたまま運搬できます。ボックスの材質は、段ボールやプラスチックが一般的です。大きさは、標準で横幅×奥行×高さ=50×50×100cmくらいです。丈の長い洋服を入れるときに高さを伸ばせる専用のアダプターがついているハンガーラックもあります。

ハンガーラック(ハンガーボックス)のメリット

引越しでハンガーラックを利用するとどのようなメリットがあるか紹介します。

洋服にシワや汚れが付くのを避けられる

ハンガーラックを利用すれば、大切な洋服をハンガーに吊るしたまま運搬できます。折り目をつけたくないスーツやワイシャツ、シワを防ぎたいドレス、畳みにくい厚手の冬物コートなどは、ハンガーに吊るしたまま運べば折り目やシワがつかずきれいな状態を保てます。洋服を畳んで段ボールにしまう場合、埃やゴミを一緒に畳んでしまったり、手の汚れが衣類についてしまったりすることもあります。ハンガーラックを利用すると、汚れも防げるでしょう。

引越しの作業時間が短縮できる

洋服をただハンガーラックに吊るすだけなので、洋服を折り畳む手間が省け、時短になります。引越しでは何かと時間がかかったり疲れてしまったりすることがあるので、作業時間の短縮は大きなメリットといえます。

引越し後の移し替えがスムーズになる

引越し先でも、ハンガーラックから、かかっている洋服をクローゼットなどに移すだけなので、ダンボールから衣類を出してハンガーにかけ直す手間がかかりません。段ボールに入れて畳みジワができた場合には、アイロンをかけなければならないこともあるでしょう。ハンガーラックを使えば、きれいな状態のまますぐに新居で収納できるので、新生活がスムーズに始められます。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

ハンガーラック(ハンガーボックス)のデメリット

ハンガーラックを利用する際には、デメリットもよく理解したうえで、上手に活用しましょう。

オプション料金になる場合がある

ハンガーラックは無料でレンタル可能な引越し業者がほとんどですが、中には有料でオプション料金がかかる業者もあります。また、無料でも「5箱まで」など制限があり、それ以上レンタルする場合には料金がかかるケースもあるので、ハンガーラックで運びたい衣類の量が多い場合には注意しましょう。

単身パックなどの場合、幅を取ってしまう

単身パックは、専用のカーゴに入る分だけの荷物を詰められます。ハンガーラックを利用するとスペースを取ってしまうため、カーゴに荷物が入りきらないことがあるでしょう。せっかく割安な単身パックでも、カーゴが増えると費用もかかり、かえって割高になってしまいます。

推奨許容量を超えると洋服にシワがつく

シワができにくく便利なハンガーラックですが、衣類を詰め込みすぎると洋服が押されて、かえってシワを作ってしまいます。ハンガーラックの横幅が約50cm、クローゼット幅が2m50cmだとすると、2m50cm÷50cmで合計5箱が必要となります。洋服をきれいな状態で運ぶため、推奨の容量内に収めましょう。

引越し業者が衣類を触ることがある

ハンガーラックを引越し業者からレンタルする場合には、引越し当日に業者がボックスを持ってきます。引越し業者がハンガーラック内に洋服の掛け替えをする場合は、業者が洋服を直接触ることになります。触られたくない衣類の場合には、作業前に前もって業者に伝え、自分で衣類を移しましょう。

ハンガーラック(ハンガーボックス)を入手する方法

ハンガーラックを入手するには、引越し業者からレンタルする方法と、通販などで購入する2つの方法があります。たいていの引越し業者は無料でレンタルを行っています。レンタルの場合は引越し当日の利用となるので、引越し先についたら洋服を出して、空になったハンガーラックはその日に返却します。
ここでは、自分で入手する方法について紹介します。

自分で入手する方法

自分でハンガーラックを入手するには、引越し業者から購入する方法と、ネット通販などで購入する方法があります。例えばアート引越しセンターでは1箱1,500円で販売しています。通販では1つでおよそ1,000円~10,000円が相場となっています。購入した場合には、自分で組み立てなければなりません。転居後にはハンガーラックとして活用できます。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

ハンガーラック1箱あたりに何着入れられる?

ハンガーラックの横幅が約50cmの場合、入る洋服は大体10着前後です。冬物や厚手のコートは7着くらい、夏物の薄手の服は13着くらい入ります。スーツは7着程度、 ワイシャツは15着程度が目安です。ハンガーラックは業者によって大きさが違い、レンタルできる数も決まっているので、見積もり時に確認しましょう。

引越バービィーならハンガーボックスを無料でご利用いただけます

引越バービィーは、オプションサービスが豊富です。梱包資材・ハンガーボックス・建物の養生・リサイクル品の査定はすべて無料です。家財の保管・家電工事の手配・配線サービス・不用品の片付け買取・ハウスクリーニングは特別価格で提供しています。引越バービィーには、荷造り・家具梱包・搬出・運搬・搬入・荷解きの6つの基本サービスがあります。ここでは3つのプランのサービス内容について紹介します。

引越バービィーの3つのプラン

①価格重視のセルフプラン
荷造りと荷解きは自分でするプランです。家具梱包・搬出・運搬・搬入と家具の設置は引越バービィーがします。

②人気№1スタンダードプラン
荷解きだけ自分でするプランです。荷造り・家具梱包・搬出・運搬・搬入と家具の設置は引越バービィーがします。

③忙しい方へ丸ごとお任せプラン
荷造り・家具梱包・搬出・運搬・搬入・荷解き、家具の設置まで、すべて引越バービィーにお任せするタイプです。

引越しの予算に合わせて、プランやオプションを決めましょう。引越し見積もりは、電話、LINE、メール、24hカレンダーなどで予約できます。

お見積り依頼

まとめ

ハンガーラックは、大切な衣類をきれいな状態で運ぶためのボックスです。衣類の多い方は、梱包や荷解きにも時間がかかってしまうので、利用すると大変便利です。ハンガーラックは、引越し業者からレンタルしたり、自分で購入したりできます。ハンガーラックの使用個数が多くなると、スペースを取るので引越しのトラックも大きさが変わることがあります。衣類の量を確かめ、ハンガーラックを使用した場合、費用がどれくらいかかるのか見積もり時の確認が大切です。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

カテゴリ別でコラムを読む

通話料無料0120-102-704
今すぐ無料見積りを依頼する
LINEで見積りを依頼する
24h/カレンダーで予約

キャンペーン情報

  • 賞金5万円プレゼントキャンペーン当選者発表!
  • 引越し丸ごとお手伝いパック
  • ハウスクリーニングならクリーンクルー
  • 一時お預かりサービス
モバイル PC
TOPへ戻る

相見積もり大歓迎!

他社最大比30%OFF 東京・埼玉・神奈川・千葉でNo.1最安値 どこにも負けません

補償について

最大賠償額1億円

セキュリティーについて

当サイトはSSL対応です。

お客様の大事な情報は暗号化して送信されます

お支払方法について
現金・クレジットカード・デビットカード・交通系電子マネーなど様々な支払方法に対応

クレジット・デビット

交通系電子マネー

他電子マネー

QRコード決済