東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での移転(転入・転出)に対応。
ファミリーでのお引越に強い安心の引越センターです。

引越しに最適なシーズンは?シーズンごとの料金相場や注意点を解説

引越しに最適なシーズンは?シーズンごとの料金相場や注意点を解説

引越しには、金銭面だけでなく手間と時間がかかります。荷造りなどの引越し準備のほかにも住民票や受給者証など、役所関係の複雑な手続きも発生します。引越しに最適なシーズンや費用の相場を調べ、比較することに時間を割くのは極力避けたいものです。引越しには通常期・繁忙期・閑散期が存在します。引越しにかかる費用には定価がないことに加え、シーズンのみならず細かい時期やタイミングによっても設定料金の相場は変動します。引越しに最適なポイントを把握しておくことで、知らなければかかっていたであろう出費の回避ができます。今回はシーズンごとの料金の相場や注意点などについて解説していきます。

シーズンごとに引越し費用が変わる理由

シーズンごとに引越し費用が変わる理由は、引越しにはオンシーズンとオフシーズンが存在するためです。人や物件の空き状況が変わりやすい繁忙期は2〜3月です。新生活をスタートする年度始めが、1年で最も引越しが多い傾向にあります。次いで引越しが多いのは、年間の半期である9月です。人事異動や秋の入学・編入のため引越す人が多い傾向にあります。
繁忙期は引越し業者・不動産会社ともに慌ただしい時期になるので、車両や人員の確保のための費用が上がります。対するオフシーズンは、特典のサービスがあったり臨機応変に値下げ交渉に応じてくれたりするケースもあります。空き部屋の数、家賃、不動産業者の対応などにも違いが出てくるでしょう。

引越し費用はいくらかかる?費用の内訳

引越し費用の細々とした内訳を紹介します。

・新居契約費用
新居契約に伴う敷金、礼金、不動産会社への仲介手数料がかかります。住み始めたい月の前月に「前家賃」を支払う必要のあるケースもあるため要注意です。指定された火災保険への加入費用や、新築以外の物件への引越しであれば「鍵交換代」もかかる場合もあります。

・退去費用
退去の際に汚れや痛みがひどい場合は、預けていた敷金をハウスクリーニング代が超えてしまい、実費負担がかかるケースもあります。さらに、契約期間内で退去をする際には「解約金」が発生することもあります。

引越し作業費用
引越し業者への依頼費用がかかります。ダンボールなどの梱包材は引越しプランに含まれていることもありますが、プランに含まれておらず必要な場合は梱包材の準備に費用がかかります。自分で引越し作業を行う場合には、レンタカー代・高速代・ガソリン代などがかかります。

・新調する家具家電、日用品代
新生活のスタートを機に買い直すものも出てくるでしょう。家具家電以外にも、引越し後すぐに使用予定の日用品は買い忘れのないように注意が必要です。

・近隣住民への引越し挨拶時の手土産代
菓子折りや洗剤、タオルなどの無難な日用品を用意しましょう。挨拶時に名前を覚えてもらいこれから良好な関係で快適に住んでいくために重要です。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

シーズンごとの引越し費用の相場

以下では、通常時・繁忙期・閑散期のシーズン別の引越し費用の相場を、対象人数と月ごとの特徴も踏まえて比較していきます。引越し費用の相場は市場の変化により変動するため、あくまで目安として参考にしてください。

通常期(5月・6月・7月・9月・12月)

・荷物の少ない単身:平均34,560円
・荷物の多い単身:平均42,000円
・2人家族:平均70,000円
・3人家族:平均76,000円
・4人家族:平均80,000円
・5人家族以上:平均81,000円

ゴールデンウィーク中は引越す人が多いため料金も高くなりますが、ゴールデンウィークが過ぎると一気に予約に空きが増え閑散期に突入します。6〜7月は梅雨の影響もあり、引越し費用もそれほど高くない傾向にあるでしょう。9月は年間の半期であるため、10月からの転勤や単身赴任による引越しが多少増加傾向にあります。学校が冬休みに入る12月下旬頃から、家族の休みを利用した引越しによる予約が埋まり始めます。大掃除に加えて引越し作業も行い、新居で心新たに年始を迎えようと考える人が多いためです。年末の連休は引越し費用も高くなるため、費用を抑えたい場合は料金がやや下がる1月中旬頃まで待つのも一つの手でしょう。

繁忙期(12月下旬〜4月)

通常期に対して繁忙期の費用相場は以下のようになっています。繁忙期の中でもピークである3月は、相場よりも高い料金設定となっているケースが多いです。

・荷物の少ない単身:52,000円
・荷物の多い単身:70,000円
・2人家族:100,000円
・3人家族:119,900円
・4人家族:130,000円
・5人家族以上:直接問い合わせ

お正月の連休を使って引越しをするケースが多く、そのまま年度末に向けて中旬〜下旬と引越し件数は少しずつ増えていきます。3月にはいよいよ進学・入社・転勤などに合わせて引越しの繁忙期がピークを迎えます。特に3月の下旬は、希望の日に予約が取れなくなってしまうほど引越し依頼が集中するため、この時期の引越しを考えている人は可能な限り早めに行動しましょう。4月上旬も3月と同じく予約が取れないこともあるため油断してはいけません。4月中旬は一旦落ち着きますが、ゴールデンウィークが近づく下旬には再び引越し件数が増えてきます。
繁忙期は退去する人も増加するため、物件数も年間を通して最も多く出回る時期です。しかし、同時に競争率も激しくなるため、時間をかけて探しているうちにお目当ての物件が他の人に決まってしまうケースが多いのも難点でしょう。
さらに遠方への引越しであるほど費用はかさむため、繁忙期であれば300,000円以上かかるケースもあります。確実な費用は業者に直接問い合わせるのが確実でしょう。

閑散期(5月下旬・8月・10月〜11月)

・単身:平均38,000円〜43,000円
・4人家族:平均92,000円

閑散期の中でも8月は、引越し費用だけでなく物件が空いている状態を避けるために、大家が家賃・敷金・礼金の設定を下げる可能性が高まります。出費を抑えたい人は夏のオフシーズンが狙い目です。10月〜11月は大きなイベントもなく再び引越し依頼が減少します。余裕を持って相見積もりがとれるので、条件の合う業者を慎重に見つけましょう。
閑散期は、人手やトラックの数に余裕があるため料金の値引き交渉に応じてもらえたり、より丁寧な作業を行ってもらえたりするメリットもあります。

引越し時期を変更できない場合でも費用を安く抑えるポイント

引越しに最適なシーズンは理解したものの、引越しの時期を変更できない場合もあるでしょう。少しでも費用を安くおさえるためのポイントが3つあります。ぜひ参考にしてください。

引越し業者比較サイトで費用の安い業者を探す

引越しの見積もり費用には定価がなく、業者によって設定されている料金はさまざまです。引越し人数・荷物の量・移動距離・引越し日など条件が同じでも、見積もり料金に差が出ることは珍しくありません。
引越し業者比較サイトは、一度の登録で複数社の見積もり費用を提示してくれるため、最も安い費用で請け負ってくれる業者を簡単に見つけられます。引越し業者によって梱包材の有無や申込み時期が早いほど料金が割引になるなど、サービスにも特徴があります。また、オプションのサービスを可能な限り付けないことも、コストダウンにつながります。オプションの例としては、荷造り・荷ほどき・エアコンの設置などがあります。自分でできる作業はオプションから外したり、どうしても自分での作業が難しい部分はホームセンターやリフォーム会社に見積もりをとったりすると、より費用を抑えられるでしょう。
また、繁忙期は予約が埋まるのも早いため、希望の日程がすでに決まっている場合はできるだけ早い申し込みに注意しましょう。

引越し費用の安い曜日や時間帯を選ぶ

引越し費用は、曜日や時間帯でも大きく異なります。シーズン以外に土・日・祝日を避けるだけでも、引越し費用を抑えられるでしょう。平日は仕事や学校などで引越し件数が少なく、さらに午後指定か時間指定のない依頼だとより予約が入りにくい傾向にあるため、費用が低く設定されている業者が多くいます。大安や先勝などの引越しを希望する人も多いため、六曜の縁起を気にしない人は予約の集中しそうな六曜日を避けると希望が通りやすく、料金が安くなるケースもあります。入学や転勤などで引越し時期を変更できない人も、休日・人気の時間帯・縁起のいい六曜を避けることで料金を抑えられるため、覚えておきましょう。
契約料金が低い賃貸物件を探す
賃貸物件の初期費用には前家賃・敷金・礼金・不動産会社への仲介手数料などがかかります。しかし、「フリーレント物件」では入居後数か月分の家賃支払いが免除されます。さらに、敷金・礼金が無料で設定されている物件もあります。敷金・礼金は初期費用で大きな割合を占めるため、物件探しの際には注意したい項目です。
敷金のかからない契約費用格安物件に入居した場合、引越す際のハウスクリーニング代は退去時に支払うことになります。「原状回復」のできる範囲で生活し、引き払う際のハウスクリーニング代が痛手とならないよう注意しましょう。

まとめ

引越しに失敗しないためには、自分がどこを重視するのか事前に明確にしておくことが大切です。費用面であれば、引越し時期を選べる人は繁忙期を避けた最適なシーズンを選択することで安く抑えられます。曜日や時間帯によっても大きく変わる引越し費用を比較するためには、引越し業者比較サイトの活用がおすすめです。賢くお得に引越し費用を抑え、浮いた分は心新たに送るこれからの生活のために回しましょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

カテゴリ別でコラムを読む

通話料無料0120-102-704
今すぐ無料見積りを依頼する
LINEで見積りを依頼する
24h/カレンダーで予約

キャンペーン情報

  • 賞金5万円プレゼントキャンペーン当選者発表!
  • 引越し丸ごとお手伝いパック
  • ハウスクリーニングならクリーンクルー
  • 一時お預かりサービス
モバイル PC
TOPへ戻る

相見積もり大歓迎!

他社最大比30%OFF 東京・埼玉・神奈川・千葉でNo.1最安値 どこにも負けません

補償について

最大賠償額1億円

セキュリティーについて

当サイトはSSL対応です。

お客様の大事な情報は暗号化して送信されます

お支払方法について
現金・クレジットカード・デビットカード・交通系電子マネーなど様々な支払方法に対応

クレジット・デビット

交通系電子マネー

他電子マネー

QRコード決済

入力は3分で完了。お見積もり後当日のお伺いも可能です。

今すぐ無料見積りを依頼する LINEで見積りを依頼する 24h/カレンダーで予約

すぐに料金を知りたい方は今すぐお電話下さい
【電話受付時間】9:00~19:00

0120-102-704