東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での移転(転入・転出)に対応。
ファミリーでのお引越に強い安心の引越センターです。

一人暮らしの引越し費用の相場・必要な準備・手続きは?

一人暮らしの引越し費用の相場・必要な準備・手続きは?

初めて一人暮らしをする方は、家具や家電、生活用品など新たにそろえる必要があり、多くの費用がかかります。一人暮らしの引越しにはいくら費用がかかるのか、知りたい方も多いのではないでしょうか?今回は一人暮らしの引越し料金相場をはじめ、引越し費用を安くおさえるポイント、引越しの前に必要な準備や手続き、一人暮らしの注意点などを解説します。一人暮らしが初めての方だけでなく、すでに一人暮らしをしていて引越しを検討している方にも役立つ情報ですので、参考にしてみてください。

一人暮らしの引越しの料金相場は?

一人暮らしの引越し料金の相場は、荷物の量、引越し先までの距離、引越し時期によって算出できます。

荷物の量が少なく(軽トラック程度)、引越し先までの距離が50km未満の場合、5~1月の通常期なら約36,000円、2~4月の繁忙期なら約47,000円が相場です。荷物の量が多く(1.5トン、2トンショートトラック程度)、引越し先までの距離が50km未満の場合は、通常期で約45,000円、繁忙期は約58,000円が相場です。

曜日や時間帯によっても料金が変わります。一人暮らしの引越しの場合、平日や土日での料金の差はほとんどありませんが、祝日に高くなる傾向があります。時間帯では午前中に依頼が集中するので、料金を高く設定している業者が多くいます。時間帯を指定しない「フリー便」は、料金が安く設定されています。時間に余裕のある方や、料金を安く抑えたい方は利用するとよいでしょう。

多くの引越し業者では、一人暮らし向けの「単身パック」や「単身向けプラン」があります。「単身パック」は、決められた大きさのコンテナボックスに荷物を積み込み輸送するプランです。他の顧客の荷物と一緒にトラックで運ぶので、料金は安く設定されています。積み込める量が限られているため、荷物が少ない方におすすめです。見積もりが不要のところが多く、大手引越し業者のプランの例では「高さ150cm×横108cm×奥行き74cm」のサイズのコンテナボックスで、料金が約15,000円~となっています。宅配便のように時間帯を指定して届けてもらえます。

「単身向けプラン」は、荷物の量に応じたトラックを用意し輸送するプランです。事前に荷物の確認が必要で、見積もりを出してもらいます。料金は単身パックに比べ高くなりますが、多くの荷物を一度に運べるメリットがあります。

一人暮らしの引越し費用を安くおさえるポイント

一人暮らしの引越し費用はなるべく安くおさえたいですよね。安い費用で引越しするには、繁忙期を避けたり、単身パックを利用したりする方法がありました。他にも引越し費用を安くおさえるポイントがあるので紹介します。

大型家具は転居先で購入し、不用品は処分する

ソファやベッド、タンスなどの大型家具を運ぶにはトラックでの輸送が必要になり、費用が高くなってしまいます。引越し費用を安くおさえたいなら、大型家具を転居先で購入してみてはいかがでしょうか?運ぶ荷物は少なくし、新しく購入したほうがお得です。

冷蔵庫などの家電は最新のものが電気代も安いため、引越しを機に買い替えたほうがいいかもしれません。また、現在使っている大型家具が転居先でも本当に必要なのか、考えるのも大切です。運んだけど意外と使わないケースもあります。

すべての大型の家具・家電を買い替えるにはコストがかかるので、よく検討し、買い替えたほうがお得なものを絞ってみましょう。

不用品は処分し、なるべく荷物を少なくするのが費用を安くするポイントです。現在使っている大型家具がまだ使えるものなら買取業者へ査定を依頼したり、ネットオークションやフリマサイトに出品したりするのもよいでしょう。

ネットの一括見積りサービスを利用する

一人暮らしの引越し費用をおさえたいなら、料金の安い引越し業者を選びましょう。安い引越し業者を選ぶには、複数の業者を比較する一括見積りサービスの利用がおすすめです。ネットで幅広い業者の見積もりが取れるので、複数の業者に電話をしたり、出向いたりする手間が省けます。ネットでの見積もりはあくまでも概算なので、訪問見積もりで実際の料金を確認してください。

また、交渉すると安くしてもらえる可能性もあります。他社との比較や料金相場などを伝えて交渉してみましょう。他社の金額より安く提示してくれる業者が結構多いようです。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

一人暮らしの引越しで必要な準備

一人暮らしの引越しでは、何から準備すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?引越しにはダンボールに荷物を詰め込む作業や、各種手続きが必要です。ダンボールの入手方法や荷物の詰め方、引越し前にしておきたい手続きなどを説明します。

ネットでよく見かける「一括見積もり」も引っ越し費用シミュレーションに似ていますが、複数の業者に見積もりを依頼するサービスです。見積もりが発注された業者は依頼主に連絡を入れるため、人によっては業者とのやり取りが面倒に感じます。

引っ越し費用シミュレーションなら個人情報を使わずに概算や相場を計算してくれるので、安心して利用できるのが嬉しいポイント。あくまでも概算ではありますが、予算を立てる参考にはなります。

一人暮らしの引越しに必要なダンボール数と入手方法

荷物の梱包にいくつぐらいダンボールが必要なのか、あらかじめ把握しておきましょう。一人暮らしの引越しの場合、10~15個が目安です。新居の広さによっても使用する個数が変わりますので、10~20個程度のダンボールを用意するとよいでしょう。

ダンボールを入手するには、主に3つの方法があります。

・ネットやホームセンターなどで購入する
ネットではダンボールの大きさが豊富にあり、まとめ買いで安く購入できるのが特徴です。金額の目安は、100サイズ10枚で1,500円、120サイズ10枚で2,000円程度です。
ホームセンターではバラ売りに対応しているところが多く、必要な個数が購入できます。金額の目安は100サイズ1枚で220円、120サイズ1枚で300円程度です。

・引越し業者と契約した際にもらう
引越し業者と契約すると、無料でダンボールがもらえます。荷物の量やプランに応じてもらえる数が異なりますが、一人暮らしの場合、大小あわせて20枚程度までもらえるところが多いようです。

・お店などでもらう
スーパーやホームセンターなどのお店でももらえます。近所のお店へ出向き、許可を得てからダンボールをもらいましょう。

ダンボールに荷物を詰めるときの注意点

ダンボールに荷物を詰めるときは、底抜けや荷物が破損しないように注意が必要です。まず、底抜けしないダンボールを組み立てましょう。底の部分をクロスさせて組み立てるだけでは強度が低く、すぐに底抜けしてしまいます。荷物を詰めたとき、底の中心部分に重力がかかるため底抜けしやすくなるのです。

強度を高くするには、底にガムテープを貼る方法をおすすめします。その場合、箱のつなぎ目に一直線に貼るだけでは不十分です。中心部分を補強するため、ガムテープは十字に貼り付けます。もっと補強したいときは、十字に貼り付ける部分を増すとよいでしょう。

ダンボールを引越し業者からもらう場合、大小2種類のダンボールを準備してもらえます。重いものは小さいダンボールを使うのがポイントです。大きいダンボールに重いものを詰めると、重すぎて持ち上げられなくなります。小さいダンボールには食器や本など重いものを、大きいダンボールには洋服やぬいぐるみなど軽いものを入れましょう。

荷物を詰めすぎないようにするのも重要です。ダンボールの強度も限界があるので、重くなりすぎないように注意してください。

食器類の場合は1点ずつ新聞紙などに包み、隙間なく詰めたほうが破損を防止できます。お皿は立てて並べ、食器の間やダンボールの内側に緩衝材などを詰めて梱包しましょう。

一人暮らしの引越し前にしておく手続き

引っ越しする前にはさまざまな手続きが必要です。一人暮らしの引越し前にしておきたい手続きは、主に次のようなものです。

・役所の手続き
役所での手続きの1つに転出届があります。異なる市町村に引越しする場合は転出届を、同一の市町村に引越しする場合は転居届を提出し、住民票を移動させる必要があります。ただし、一時的に引っ越しする学生や、1年未満の単身赴任の場合などは住民票の移動は必須ではありません。
もう1つは、国民健康保険の引越し手続きです。異なる市町村に引っ越しする場合は資格喪失手続きをし、引越し先で加入手続きをします。同一の市町村に引越しする場合は住所変更手続きをし、引越し先での手続きは必要ありません。また、住民票の移動がなければ手続きは不要です。

・電気・ガス・水道の手続き
電力会社やガス会社、水道局に連絡し手続きを行います。引越しの1週間前までに、済ませておくとよいでしょう。

・単身用インターネットの契約手続き
インターネットは開通までに、2~4週間ほどかかります。申し込み手続きは、引越しの1か月前までに行いましょう。

・郵便物の転送サービスの手続き
郵便物を前の住所から、転居先へ1年間転送してもらえるサービスがあります。手続きは郵便局で行い、転居届や身分証明書を提出します。引越しの1週間ほど前までに手続きするとよいでしょう。

一人暮らしの引越し当日・引越し後にやること

引越しの当日は電気などの開始手続きや確認作業、ダンボールの荷解きなど、やることがたくさんあります。引越し作業が忙しくて忘れてしまう場合もあるので、次に上げる項目をしっかりチェックしておきましょう。

電気・水道・ガスの開始手続き

電気はブレーカーを上げればすぐに使用できます。使用開始手続きは、電気使用申込書に必要事項を記入して電力会社へ送付します。電気使用申込書はブレーカーの近くや玄関口などに備え付けられていますが、見当たらない場合は電力会社へ連絡してください。電話やFAX、インターネットでも手続きが可能です。

水道は元栓を開き蛇口をひねると使用開始できます。玄関などに水道使用開始申込書が備えられているので、なるべく早く郵送してください。電話やインターネットでも手続きできます。

ガスの使用開始には、係員の立ち会いが必要です。引越しの1週間前までに作業の予約を入れましょう。引越しの繁忙期にはガス会社も混むので、早めに予約しておくと安心です。

隣人・近所に引っ越しの挨拶

引越しが終わったら隣人や近所へ挨拶するのが一般的ですが、一人暮らしの場合、挨拶をしない方が多いようです。しかし、一人暮らしで近所に頼れる人がいないと、何かあったときに困りますよね。顔見知り程度の付き合いでもいいので、挨拶に行くことをおすすめします。一人で挨拶に行きにくい場合は、家族や友人と一緒に訪問するとよいでしょう。

挨拶をする範囲は集合住宅の場合、両隣や上下階にあたる部屋です。両隣は顔を合わせる機会が多いので、挨拶しておくとよいでしょう。上下階は足音などが伝わってしまう場合があるので、挨拶しておくと安心です。

挨拶に行く時間帯は正午~夕方頃の日中がよいでしょう。手土産は500~1,000円程度で、お菓子や洗剤、タオルなどが多く選ばれているようです。

ダンボールの荷解き・片付け

引越し後、最初に行う作業はダンボールの荷解きです。荷解きは早めに行うのが部屋をスムーズに片付けるコツ。忙しいからと放っておかず、引越し後すぐに取り掛かりましょう。

荷解きを行う前に大型家具を配置し、生活スペースを確保します。家具は簡単には移動できないので、はじめに家具を配置してから荷解きすると効率よく作業できます。家具の配置は引越し業者が行ってくれるので、配置をあらかじめ決めておくとよいでしょう。

ダンボールを部屋ごとに運び、すぐに使うものから開けていきます。荷物を詰め込むときに、ダンボールに中身を書いておくとスムーズです。一度にすべてのダンボールを開けてしまうと片付けが進まないので、1個ずつ片付けるようにしましょう。

一人暮らしの引越しの注意点

初めての一人暮らしでは、思いがけない問題が起きる場合があります。引越し後に気持ちよく新生活をスタートさせるためにも、事前に引越しで気をつけておきたいことを確認しておきましょう。引越し前にチェックしておきたい点や、女性の一人暮らしの注意点を紹介します。

家具・家電の大きさによっては追加費用がかかる

引越しの前には、家具や家電が玄関から搬入できる大きさかを確認してください。玄関が狭くて部屋の中に運べないケースが意外と多いようです。玄関から搬入できない場合は、吊り上げて窓から運び込む作業が発生します。追加費用がかかる場合があり、当日に作業できないことも。

大きな家具や家電がある場合は配置場所の寸法だけでなく、搬入経路も調べるのが大事です。通路の幅、天井の高さ、エレベーターや玄関の大きさなどを測り、事前にチェックしておきましょう。

女性の一人暮らしは周囲に知られないように注意する

女性の一人暮らしは防犯面に注意が必要です。女性の一人暮らしだと周囲に知られてしまうと、あとをつけられるなどのトラブルに巻き込まれる可能性も。

引越し当日には男性の家族や友人などに手伝ってもらう、表札はフルネームではなく名字だけにする、カーテンはかわいらしいデザインを避けるなど、周囲に知られないようにする工夫をしましょう。

一般的に引越しの挨拶はしたほうがいいのですが、女性の一人暮らしだと挨拶をしないほうがいい場合もあります。大家さんに事情を説明し、近隣に挨拶の必要があるか相談するのがよいでしょう。

一人暮らしの引越しなら、引越バービィにおまかせ!

引越バービィでは、一人暮らし向けの引越しプランが3つから選べます。

1ルーム~1K向けの「単身Sプラン」は軽トラック1台分程度の荷物を、作業員1人で行うプランです。1DK向けには「単身スタンダードプラン」があり、2トンショートトラック(1.5トン)程度の荷物を、作業員2人で対応しています。1LDKや2LDKなど広いお部屋に住んでいる方や、大きい家具や家電を運びたい方には「単身LLプラン」があります。

見積もりは無料ですので、気軽に問い合わせてみましょう。
お問い合わせはこちら

引越バービィでは、オプションや無料サービスも充実しています。詳しい内容を知りたい方はこちらへ。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

カテゴリ別でコラムを読む

通話料無料0120-102-704
今すぐ無料見積りを依頼する
LINEで見積りを依頼する
24h/カレンダーで予約

キャンペーン情報

  • 賞金5万円プレゼントキャンペーン当選者発表!
  • 引越し丸ごとお手伝いパック
  • ハウスクリーニングならクリーンクルー
  • 一時お預かりサービス
モバイル PC
TOPへ戻る

相見積もり大歓迎!

他社最大比30%OFF 東京・埼玉・神奈川・千葉でNo.1最安値 どこにも負けません

補償について

最大賠償額1億円

セキュリティーについて

当サイトはSSL対応です。

お客様の大事な情報は暗号化して送信されます

お支払方法について
現金・クレジットカード・デビットカード・交通系電子マネーなど様々な支払方法に対応

クレジット・デビット

交通系電子マネー

他電子マネー

QRコード決済

入力は3分で完了。お見積もり後当日のお伺いも可能です。

今すぐ無料見積りを依頼する LINEで見積りを依頼する 24h/カレンダーで予約

すぐに料金を知りたい方は今すぐお電話下さい
【電話受付時間】9:00~19:00

0120-102-704