東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城での移転(転入・転出)に対応。
ファミリーでのお引越に強い安心の引越センターです。

安い引越し業者をランキング形式でご紹介。業者の選び方や安く抑えるコツは?

安い引越し業者をランキング形式でご紹介。業者の選び方や安く抑えるコツは?

引越しをするときは、引越し業者選びがもっとも重要です。引越し費用を安く抑えるためには、各引越し業者の料金プランを比較するだけではなく、引越しをする時期や引越しをする人数、荷物の量などによっても料金が変わることを頭に入れておく必要があります。
この記事では、通常期と繁忙期の引越し料金の差や、単身・ファミリーの引越し料金相場、引越し業者を選ぶときのポイントなどについて詳しくお伝えします。なるべくお得に引越ししたい人はぜひ参考にしてください。

まずは引越し料金の相場を知ろう!

まずは引越し料金全体の相場を把握しましょう。引越し料金は、年間を通して同じわけではありません。多くの人が引越しをする時期とそれ以外の時期を繁忙期と通常期に分けて、料金を設定している業者がほとんどです。
仕事や学校の関係や賃貸契約の都合で引越しをする時期を選べない場合も少なくありませんが、ある程度自由に引越しをする時期を決められるのであれば、通常期の方が大幅に料金が安くなるケースもあります。

引越し料金の相場については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

引っ越し費用の相場は?安くするポイントなどを解説

通常期の相場は?

引越しの通常期は、3〜4月と9月を除いた時期です。この期間はどの引越し業者も料金を通常の価格に設定しています。また通常期の中でも特に引越し件数が少ない時期を閑散期として、通常期よりもさらに引越し料金を安くしている業者も少なくありません。
閑散期は一般的に6月、11月、1月といわれています。6月は梅雨時にあたるため、荷物の搬出や搬入が大変になります。また11月は繁忙期の9月が過ぎて落ち着いた時期、1月は年始にあたりそれぞれ引越しをする人が減る傾向にあります。

通常期
単身 39,000〜73,000円
ファミリー 72,000〜100,000円

閑散期の引越し業者は、少しでも多く引越しの予約を取ろうと料金を格安に設定するのです。しかし閑散期は、引越し業者によって設定している時期が異なる場合があります。たとえば3〜4月の繁忙期以外のすべての月を閑散期としている引越し業者もあります。

繫忙期の相場は?

引越しの繁忙期は、3、4月と9月になります。3〜4月は卒業・入学シーズン、また人事異動や転勤がある時期でもあります。この時期は多くの人が引越しをするため、料金が高く設定されていたり、割増料金が追加されたりします。
9月は第2の繁忙期といわれ、やはり引越し件数が増える時期です。9月を中間決算期としている企業も多く、それに伴って人事異動・転勤も増えるためです。
また、繁忙期の土日はさらに割り増し料金を設定している業者も少なくありません。繁忙期に引越しをすることがわかっている場合は、なるべく早く引越し業者の予約をした方がいいでしょう。引越し業者が保有しているトラックや人員が足りなくなってしまうと、予約受付を中止する業者も出てきます。
希望する日にちや時間帯の予約が取りにくくなるため、なるべく早く引越し業者に連絡し予約してください。

繁忙期
単身 49,000〜73,000円
ファミリー 90,000〜126,000円
  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

安い引越し業者ランキングトップ5「単身」編

単身の引越し料金が安い引越し業者をランキングで紹介します。

単身 通常期
1.アップル引越センター 39,329円
2.ハート引越センター 46,032円
3.クロネコヤマトの引越サービス 46,309円
4.アリさんマークの引越社 52,272円
5.アーク引越センター 53,081円

1位はアップル引越しセンターです。単身なら4万円以下で引越しが可能です。

単身 繁忙期
1.クロネコヤマトの引越サービス 49,839円
2.アップル引越センター 51,914円
3.ハート引越センター 54,233円
4.アーク引越センター 64,577円
5.アート引越センター 73,423円

繁忙期の場合は、1位がクロネコヤマトの引越サービス、5位にアート引越センターが入っています。
次に総合的に判断した単身引越し料金が安い業者のランキングトップ5を紹介します。

1位:アップル引越センター

通常期では1位、繁忙期でも2位のアップル引越センターは、もっとも安い引越し料金の業者です。スピーディな対応で、大型の家具は専用シートで梱包して運ぶなど作業が丁寧です。
繁忙期でも比較的予定の時間通りに来て素早く作業してくれる点も高評価です。顧客満足度が高く、年間1万件以上がリピーターや紹介者です。

2位:クロネコヤマトの引越サービス

クロネコヤマトの引越サービスは、単身の引越し通常期では3位、繁忙期では1位です。単身向けの単身パックというサービスがあります。料金は安いですが、サービスや搬入・搬出の際の取り扱いは、ほかの引越し業者と変わりありません。
またクロネコヤマトの引越サービスは、引越しをする距離が長くなるほど割安になる傾向があります。長距離の引越しの場合は、クロネコヤマトの引越サービスに見積もりを取って他社と比較してみるといいでしょう。

3位:ハート引越センター

通常期2位、繁忙期3位のハート引越センターは、さまざまなプランがあるので希望通りの引越しがしやすい点が特徴です。料金をなるべく安く抑えたいならできることを自分で行うスタンダードプラン、忙しいから自分で行う作業を減らしたい方には荷造りもすべてお任せのパーフェクトプラン、そのほか退去後の掃除がついたプランなどいろいろあります。
すべてのプランで梱包資材を用意してくれるので、忙しい人も無理なく引越しの準備ができます。

4位:アーク引越センター

通常期で5位、繁忙期では4位のアーク引越センターは、専門教育を受けた引越しのプロが引越しをサポートしてくれます。全国に200の受付拠点があるので、遠隔地の引越しも低料金で行ってくれます。
見積もりは無料で、荷物の量と作業内容で明確に料金を算出してくれるため、実際にかかる料金がわかりやすい点も特徴です。単身、家族の引越しプラン、短距離から長距離の引越しプラン、荷造りから荷ほどきまでをスタッフが行うプランなど、豊富なプランからもっとも適したものを選べるでしょう。

5位:アート引越センター

大手のアート引越センターは、通常期ではランクインしませんでしたが、繁忙期で5位に入っています。搬入する前に家具をきれいにしてくれる家具クリーンサービスや、新居での作業は靴下をはきかえるクリーンソックスサービス、作業前に近所への挨拶を代行してくれるふたつよろしくサービスなど多彩な無料サービスがあります。
きめ細やかなサービスが多いので、単身での引越しでもゆとりを持って新居への移動ができるでしょう。

単身編まとめ

単身の引越しの場合、料金相場は通常期なら39,000〜53,000円程度、繁忙期は49,000〜74,000円ほどです。
荷物が少ない引越しの場合は、もう少し料金が安くなるケースもあるでしょう。あまり引越しの準備に時間や手間がかけられない場合は、各引越し業者の無料サービスやオプションが充実しているところを選ぶといいかもしれません。
関東の引越しなら、引越しバービィーが他業者より30%料金が安く、サービスの質もいいのでおすすめです。

引越バービィーのお見積りのご依頼

安い引越し業者ランキングトップ5「ファミリー」編

ファミリーの引越しで料金が安い業者を紹介していきます。

ファミリー 通常期
1.ハート引越センター 72,760円
2.アーク引越センター 81,572円
3.アリさんマークの引越社 88,797円
4.サカイ引越センター 97,996円
5.アップル引越センター 100,955円

通常期なら、ファミリーでももっとも安くて72,000円ほどで引越しが可能です。

ファミリー 繁忙期
1.アップル引越センター 90,882円
2.クロネコヤマトの引越サービス 102,130円
3.ハート引越しセンター 109,651円
4.アリさんマークの引越社 125,983円
5.サカイ引越センター 126,309円

繁忙期では、通常期ではランクインしなかったクロネコヤマトの引越サービスが2位に入っています。1位との差が10,000円ほどあります。それでは、総合的に判断したファミリーの引越し費用が安い業者ランキングトップ5を紹介します。

1位:ハート引越しセンター

通常期1位、繁忙期でも3位に入るハート引越しセンターは、ファミリーの引越しの料金が安い業者といえるでしょう。さまざまなプランがあるだけではなく、マイカーの陸送やペットの輸送、海外への引越しも請け負っているので、状況に合わせて適したプランを選べるでしょう。
またインターネット回線取次サービスや電気工事などのオプションもあるため、引越し先でもすぐに生活が始められるようサポートしてくれます。

2位:アリさんマークの引越社

通常期3位、繁忙期4位に入っているアリさんマークの引越社は、小物・家具の中身は自分で荷造り・荷ほどきを行うプランから食器や家具の荷造りから荷ほどき・配置まですべて任せられるプランまで揃っています。
家族の人数や引越しまでの期間を考えて、無理なく引越しできるプランを選べます。またすべてのプランに、作業終了後10分間のサービスがついていて、簡単な掃除や配置換え、荷解きの手伝いなどを頼めるユニークなオプションがあります。

3位:サカイ引越センター

サカイ引越センターは、安い・速い・親切・丁寧をモットーにする業者です。引越しの教育だけではなく、接客サービスの教育を受けたスタッフと自社で保有するトラックで日本全国の引越しをサポートしてくれます。
引越しの作業のほかに不用品の買取や処分もしてもらえるので、荷造りや引越しの準備がスムーズに行えるでしょう。

4位:アップル引越センター

通常期は5位ですが繁忙期はもっとも安い料金で引越しができるアップル引越センターでは、オンラインで見積もりができるので、簡単に引越し料金を調べられます。また、引越し当日に追加料金が発生することはないので明朗会計で安心です。
Webからの予約でも追加料金がかからないので、立ち会いの見積もりができなくても心配いりません。アップル引越センターを利用する4人に1人が口コミで選んだ人やリピーターで、顧客満足度が高いことがわかります。

5位:クロネコヤマトの引越サービス

繁忙期で2位に入ったクロネコヤマトの引越サービスは、単身向けの引越しサービスに力を入れていますが、長距離の引越しや荷物が少ないファミリーの引越しにも適しています。専用ボックスを使って輸送するので、家財量に合わせてお得に引越しができます。
ボックス単位の料金体系で見積もりも明朗です。大型の家具や家電を処分して、新居で新しく揃えるような場合はお得に引越しができるでしょう。

ファミリー編まとめ

ファミリーの引越しの場合は、家族の仕事や学校の都合で、繁忙期や土日祝日を利用した引越しになることも少なくありません。繁忙期のファミリーの引越しは、90,000円〜126,000円と引越し業者によってかなり差が開きます。繁忙期でも料金設定が安い業者の見積もりをいくつか取って比較するといいでしょう。
また荷物を減らす、梱包をなるべく自分で行うなどの工夫次第で引越し料金は変わるため、家族みんなで協力することで費用を安く抑えられるケースもあります。
引越しバービィーなら、日曜祝日や繁忙期に関係なく希望する日時を予約できるので、一度相談してみてください。

引越バービィーのお見積りのご依頼

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

引越し料金を少しでも安くする方法は?

引越し料金をなるべく安くするポイントをお伝えします。安い引越し業者を探すために、引越し業者の一括見積もりなどを利用して各業者の料金を比較することも大切です。しかし予約する時期や、引越し作業をどこまで依頼するかによっても料金は変わってきます。
また引越しをする時期や引越し業者によっては、値引きの交渉に応じてくれるところもあるため、見積もりの金額を鵜呑みにせず一度料金について問い合わせてみましょう。

見積もりは早めに

引越しの見積もりは早めに依頼しましょう。引越しをする日の間際になってしまうと、予約が取れない業者も出てきます。特に繁忙期は引越しをする人が増えるため、1か月以上前でも予約の受付を終了していたり、希望する日時が埋まっていたりする可能性もあります。
遅くても引越しの1か月前までには、複数の引越し業者から見積もりを取って料金の比較をしてみてください。自分たちが引越しをする時期の料金相場がわかるうえ、他社の方が安い見積もりがあれば、それをもとに値引きの交渉も行えます。
見積もりを取るためには、引越しをする日と新居の住所、引越しをするときに持っていく荷物の量などの情報が必要です。また訪問見積もりをしてもらえば、より詳しい見積もりを出してもらえます。

繁忙期を避ける

引越しをする日を選べるなら、なるべく繁忙期を避けて引越しをしましょう。3〜4月や9月は料金を高く設定している引越し業者が多く、通常期の1.5倍~2倍近い料金になる場合もあります。また繁忙期の土日や祝日はさらに料金が高く設定されている業者もあるので、可能なら平日で引越しの予定を立てましょう。
繁忙期ではなくても、大型の連休や月末の大安の日は引越しが増える傾向があります。どうしても繁忙期に引越ししなければいけない場合は、時間帯の指定をしないフリー便や仏滅の午後便などを選ぶと料金を安く抑えられます。

なるべく自分で作業する

引越しの作業の中で、できることはなるべく自分で行うことで引越し業者に依頼する工程が減るため、料金を抑えられます。荷造りや荷解きを自分でやるだけでも、1ランク安いシンプルな料金プランで引越しができます。
新居が近く引越し前に部屋に入れる場合は、荷造りを終えた荷物を先にいくつか運んでおいてもいいでしょう。マイカーに乗せられる荷物を積んで移動する方法もおすすめです。また古くなった家具や家電は、持っていくよりも新居に引越してから購入すれば運ぶ荷物が少なくなります。
引越し料金は、トラックの大きさと作業員の数で決まる引越し業者もあるので、荷造りする過程でなるべく荷物を減らすようにすると、引越し料金を安くできます。

引越し業者を選ぶコツは?

引越し業者を選ぶコツを紹介します。引越し料金の安さだけで選んでしまうと、自分で行う作業が増えてしまい、引越しの準備や後片付けが大変になる場合があります。また見積もりの段階で料金が安いと思っていても、有料のオプション作業が多くなり、最終的に高い料金を支払うことになることもあります。
満足できる引越しをするためには、引越し料金ばかりに捉われずに自分にあったプランの内容で検討し、信頼できる引越し業者を選ぶ必要があります。

業者の特徴を知る

引越し業者の特徴を知ると、自分の引越しにもっともあったところを選べます。たとえば大手引越し業者は全国に対応していて、家族や単身など幅広い引越しを請け負うサービスを強みにしています。一方、中小の引越し業者は地域密着型で近距離や中距離の引越しに対応しており、単身引越しのサービスだけに限定しているところもあります。
それぞれの引越し業者の特徴を把握して、引越しをする距離や人数に合ったところを選びましょう。

業者の対応がよいか確認する

引越し業者の対応をチェックしましょう。見積もりを依頼したときの電話でのスタッフの対応や、実際に訪問見積もりに来た担当者の様子などをよく観察してください。スタッフの対応が丁寧で教育が行き届いていれば、引越しの作業も親身になって丁寧に行ってくれるでしょう。
また引越し業者の口コミも確認してください。実際にその業者を利用した人の口コミに評判のいいものが多ければ、顧客満足度が高いことがわかります。

オプションは充実しているか

引越し業者のオプションは何があるか公式サイトで確認しましょう。どんなオプションがあるかは、各業者によって違います。たとえば、荷造りに必要な梱包資材を無料で提供、引越し後に資材を無料で回収などのサービスがあると、引越しの作業がスムーズに進められます。
エアコンの脱着やピアノの運送、電気配線サービスなどを有料オプションで用意している業者もあります。基本の料金プランには何が含まれているのかをあらかじめ聞くとともに、有料で依頼できるオプションには何があるのかも確認しておきましょう。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

安い引越し業者を探すなら必ず見積もりを!見積もりの際のポイントは?

安い引越し業者を探す場合、見積もりを取る必要があります。見積もりを取る際のポイントについてもお伝えします。

希望日をいくつか用意する

見積もりを取るときは、引越し希望日を必ず何日か決めておきましょう。第1希望日だけでは、予約が取れなかったり希望の時間帯が埋まっていたり、ほかの日よりも料金が高くなっていたりする可能性があります。
いくつかの希望日で見積もりを取れば、もっとも安い日や時間帯がわかるので、その中から引越し日を決められます。

必ず相見積もりを取る

見積もりは1社ではなく、必ず複数社から取りましょう。料金だけではなく、プランにどんなサービスが含まれているのかも一緒に比較できます。
相見積もりはなるべく早い時期に取ってください。予約がどんどん埋まってくるだけではなく、引越し日に近くなるほど引越し料金が高くなる傾向にあるため、遅くても1か月前までには相見積もりを取って比較検討しましょう。

すぐに決めない

引越し業者の中には、ほかの業者に取られないよう「今契約してくれたら、さらに値引きができます」と契約を急かしてくることがあります。
しかし慌てて契約すると、後から見積もりを取ったほかの業者の方が安い場合やサービスの質がよい場合があります。即決せずに必ず比較してから、どの引越し業者に依頼するか決めてください。

安く引越しをするなら引越バービィー。まずは見積もりから!

安く引越しをするなら、引越バービィーがおすすめです。さまざまなプランがあるので、自分にぴったりのものを選べます。土日や繁忙期に関係なく予約が可能なので、引越しをする時期を変えられなくても高い料金を支払う必要がありません。
荷造りに必要な梱包資材は無料で、スタッフの作業も丁寧、引越し前後の解体や組み立ても対応と充実したサービスも魅力です。単身の引越しでもスムーズに作業を進められるでしょう。
また不用品の買取も行っているので、新居に持っていかないものをその場で引き取ってもらえます。処分する手間が省けるうえ、買取料金を差し引いたお得な金額で引越しができます。
トラブルが発生したときの保険料は、引越し料金に含まれているので安心です。見積もりは無料なので、まずは相談してみてください。

  • 通話料無料0120-102-704
  • 今すぐ無料見積りを依頼する
  • LINEで見積りを依頼する
  • 24h/カレンダーで予約

まとめ

安い引越し業者を選ぶときには、必ず早めに相見積もりを取りましょう。決して1社だけで決めてしまわず、複数の引越し業者の見積もり内容を比較してみてください。料金のほかにオプションには何が含まれているのか、電話や訪問見積もりのときのスタッフの対応なども注目しましょう。サービスの質と料金が見合っていると、満足のいく引越しができます。
安い料金で信頼できる引越し業者に依頼したいなら、丁寧な対応が評判の引越バービィーがおすすめです。ぜひ一度無料の見積もりをご依頼ください。

カテゴリ別でコラムを読む

通話料無料0120-102-704
今すぐ無料見積りを依頼する
LINEで見積りを依頼する
24h/カレンダーで予約

キャンペーン情報

  • 賞金5万円プレゼントキャンペーン当選者発表!
  • 引越し丸ごとお手伝いパック
  • ハウスクリーニングならクリーンクルー
  • 一時お預かりサービス
モバイル PC
TOPへ戻る

相見積もり大歓迎!

他社最大比30%OFF 東京・埼玉・神奈川・千葉でNo.1最安値 どこにも負けません

補償について

最大賠償額1億円

セキュリティーについて

当サイトはSSL対応です。

お客様の大事な情報は暗号化して送信されます

お支払方法について
現金・クレジットカード・デビットカード・交通系電子マネーなど様々な支払方法に対応

クレジット・デビット

交通系電子マネー

他電子マネー

QRコード決済

入力は3分で完了。お見積もり後当日のお伺いも可能です。

今すぐ無料見積りを依頼する LINEで見積りを依頼する 24h/カレンダーで予約

すぐに料金を知りたい方は今すぐお電話下さい
【電話受付時間】9:00~19:00

0120-102-704